日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

日本食はチェンマイでも大人気(チェンマイ滞在記)

皆さん、こんにちは。

タイのチェンマイ日本語教師をしている、もりすです。

日本の外で、日本食以外のものをずっと食べていると、日本食が恋しくなりますよね。

チェンマイに滞在している私は、外ではタイ料理(主にパッタイ)を食べて、家では妻が作る日本食を食べて生活しています。

日本米がやっぱりおいしい

タイ米を食べたことはありますか。

もしかしたら昔、日本でお米がとれなくなった時期に、タイ米にお世話になった記憶があるかもしれませんね。

タイ米と日本米は、まったく別物です。米の形、大きさ、香り、味、食感など、とにかく違います。

チャーハンにはタイ米が合うと思います。パラパラしていて、炒めるとおいしくなるからです。

しかし、白米として食べるなら、日本人はやはり日本米が恋しくなると思います。甘みや柔らかさが、日本米にしかない独特の良さですね。

さて、タイでも、日本米は比較的簡単に手に入ります!

なぜなら、タイの大手スーパー、「マクロ(Macro)」に売っているからです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819164543j:plain

こちらのササニシキ、5キロで250Bahtsほどです。つまり、日本円で900円しないくらいですね。

味はどうかというと、めっちゃおいしいです。

ただし、炊く時には、ミネラルウォーターをお使いください。タイの水は基本的においしくないです。

おススメは、米を研ぐ時に最初に使う水と、炊く時に使う最後の水を、必ずミネラルウォーターにすることです。

特に、渇いた米が最初に水に接する時、水をよく吸収しますので、最初の水は必ずミネラルウォーターにしましょう! 

納豆もチェンマイで手に入る

おいしい白米を食べると欲しくなるのは、納豆かもしれません。

納豆だってチェンマイで手に入ります!

「トップス(Tops)」や「リンピン(Rimping)」で売っています。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819170101j:plain

ちなみに、こちらTSUBAKIさんの「ミニ納豆」は、ひとつ15Bahtsで手に入ります。つまり、日本円でひとつ50円くらいですね。

この「ミニ納豆」は、チェンマイでは安いタイプの納豆です。十分おいしいと思いますよ。

ほかの納豆はもう少し高くて、3つで100Bahtsくらいのものもあります。

納豆は、日本で買うのに比べると少し高いですね。

外で日本食を食べたい場合は居酒屋もある

自分で作るのは少し面倒だったり、キッチンがなかったり、時間がなかったりする方もいると思います。

でもご安心ください。

居酒屋もあります!

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819170919j:plain

例えば、こちらの写真は、「ガガガ咲か場」という居酒屋です。

どんなメニューがあるかというと……

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819171152j:plain

写真のメニューをご覧いただけるとお分かりになるかと思いますが、決して高くはないです。定食でも100Bahts程度、つまり日本円で350円ほどです。

味はどうかというと、なかなかおいしいです。このお店は料理の提供も早いですよ。

日本食が恋しくなったら訪れてみてください。

日本食のビュッフェレストランもある

タイ料理は、どのレストランもカフェも、量が少なめという特徴があります。

それで、日本食をとにかくたくさん食べたい、という時もあるかもしれませんね。

そんな時は、日本食のビュッフェレストランに行ってみてはいかがでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819172315j:plain

こちらのお店は、「大和(YAMATO)」というビュッフェレストランです。

チェンマイの地元のタイ人にも人気で、夜は混雑しています。

寿司や天ぷら、うどんやそば、刺身など、さまざまな日本食が食べ放題です。

味はタイ人向けですが、でも刺身など、食材のままのものは日本と同じ味を楽しめます

値段は一人450Bahtsです。つまり、日本円で1,600円くらいですね。

たくさん食べる人にとっては、かなりおススメのお店です。

というわけで、チェンマイには、日本食を食べる環境が整っています。

チェンマイ、なかなか便利な場所ですね!