日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

タイ語の文法を順番に考えていくシリーズその6

今回は、タイ語の文法を順番に考えるシリーズの続きです。

シリーズその6では、タイ語の5W1Hの質問方法をまとめます。

質問ができるようになると会話が弾みますね。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190326185744j:plain

質問の文法を覚えれば会話が盛り上がる

 

何?

まずはWHAT、つまり「何」の質問方法です。

คุณ ชื่อ อะไร ครับ

名前は何ですか(男性が質問する)

คุณ ชื่อ อะไร คะ

名前は何ですか(女性が質問する)

直訳すると「あなた、名前、何」という語順です。

「何」のキーワードはอะไรです。

知りたいものの部分にอะไรを加えると、質問表現になります。 

คุณ ทำ งาน อะไร ครับ

仕事は何をしていますか。(男性が質問する)

คุณ ทำ งาน อะไร คะ

仕事は何をしていますか。(女性が質問する)

直訳すると「あなた、する、仕事、何」という語順です。

やはりキーワードはอะไรです。

便利ですのでぜひ覚えましょう。

どこ?

よく使う質問は「どこ」という言い方です。

บ้าน คุณ อยู่ ที่ ไหน ครับ

あなたの家はどこですか(男性が質問する)

บ้าน คุณ อยู่ ที่ ไหน คะ

あなたの家はどこですか。(女性が質問する)

直訳すると、「家、あなた、ある、に、どこ」という語順です。

キーワードは、ที่ ไหนです。

知りたいものの後ろに、ที่ ไหนをつければ、場所を尋ねることができます。

まず絶対に覚えるべきなのは、「トイレどこ?」ですね。

ห้องน้ำ อยู่ ที่ ไหน

直訳すると「トイレ、ある、どこ?」です。

誰?

これはあまり使わなくても、やっていける言葉かもしれません。

でも例えば、落とし物を見つけて持ち主を探してあげたいときに、「誰のもの?」が言えると便利ですね。

นี่ ของ ใคร

これは誰の?

直訳は「これ、のもの、誰」という語順です。

キーワードはใคร、誰です。

いつ?

時間の概念がそもそも違ったりするので、注意が必要な分野です。

前回の記事でも書いたように、「昔なの?今なの?将来なの?」くらいの確認でとどめておくのが良い場面もあります。

しかし、どうしても大事な日付を確認したい、あるいは確認される場合もありますね。

มา ประเทศไทย เมื่อไร

タイにいつ来たの?

税関や警察から聞かれることのあるフレーズです。

直訳すると、「来る、タイ、いつ」の語順です。

キーワードはเมื่อไรです。

普段の会話ではタイ人の時間の感覚はざっくりしています。

が、税関や領事館は、日本並みに細かいので気を付けましょう。

なぜ?

5Wのうち、Whyの質問はいちばん上級者向けで、なくても生きていけますね。

会話において理由を聞くのはどの言語でも難しいものです。

タイ人は特に理由もなく行っていることも多いですから、「なぜ?」の意味は通じても、「理由を考える意味があるのか?」という戸惑いを見せる人もいます。

ทำไมという言葉を使うということだけ覚えておきましょう。

どのように?いくつ?どれくらい?何時?

英語のHowについては、タイ語ではいろいろな表現に分類されます。

まず、「どのように」はอย่างไรで表現します。

例えば、こんな感じです。

ไป อย่างไร

どうやって行くの?

次に、How muchの「いくら」はเท่าไหร่を使います。

อันนี่ เท่าไหร่

これいくら?

お金を聞く場面はよくありますね。

ほかにもHow old、年齢を聞く時にも使えます。

อายุ เท่าไหร่

歳はいくつ?

How many hours、「何時間」はกี่を使って、กี่ชั่วโมงと表現します。

たくさんありますので、あせらず一つずつ覚えていきましょう。

どれ?どっち?

英語でいうwhichですが、タイ語の場合、対象となる物をはっきりさせないといけません。靴の場合、「どのセット」とか、家の場合、「どの棟」とかいった感じで、それぞれにふさわしい数え方を付けてあげなければならず、難しいです。

そこで、万能な語形を覚えておくと便利です。

อัน ไหน

どれ?

このอัน ไหนというのは、だいたいどんなものでも対応できる表現で、日本語にすると「どのもの?」みたいなニュアンスになります。

例えばレストランで注文して、こちらのタイ語を店員が分からないとき、อัน ไหน คะと聞き返してきたりします。「どれですか」みたいな感じですね。

私はいまだにこれしか使いこなせていませんが、生活上に不便はほとんどありません。

もりすの感想

5W1Hを少しでも覚えると、タイ生活が容易になります。

タイに生活する日本人の方はまずこの記事に出てきた単語を覚えると、格段に生活が充実してくると思います。

シリーズその7で何を書くか…未定ですが、またぜひ当ブログを見に来てくださいませ。

เพิ่มเพื่อน

海外滞在に必要な日本製品、その2(チェンマイ在住)

前回に引き続き、海外滞在に必要な日本製品をご紹介したいと思います。

アジアの田舎では決して手に入らないものもありますので、ご参考ください。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

では早速リストアップしていきますね。

 

クレラップ

実のところ、いわゆるサランラップは私が思う必需品です。私はクレラップ派ですが、いずれにしろ、日本製品と海外製品の差は相当大きいですので、ぜひ、必ず、日本からお持ちください。海外で生活している人にプレゼントする場合も実用性抜群です。

ファンデーションなどの化粧品

こちらは妻が思う必需品です。日本製の化粧品は多くの場所で手に入りますが、地域によって色合いが異なります。例えば、タイのチェンマイの場合、日本人が好きなファンデーションの色合いは試供品しか置いていないケースが多々あります。結果、タイ人の女性が好むような色合いで我慢するか、日本から高額で取り寄せるかという最悪の展開になってしまいます。ぜひ、化粧品は日本で準備していきましょう。

ちなみに、男性の化粧品は現地でよいと思います。ヘアワックスもお手頃にまあまあ質のよいものがありますし、髭剃りや髭剃りフォームも手に入ります。

カビキラー

これもまた、私のおすすめ品です。以前ハウスクリーニングの仕事をしていましたので掃除が好きなのですが、外国の田舎でカビキラーを手に入れることができません。酸性の洗剤はトイレ用洗剤などを現地で買って代用できますが、次亜塩素酸塩の洗剤を見たことはありません。浴室のカビを簡単に取りたい方は必ず日本からご持参ください。

日本酒

こちらは夫婦の共通の飲食系一位です。以前の記事にも書きましたが、日本米や刺身、納豆などの日本食はだいたいチェンマイで手に入ります。しかし、日本酒はほとんど売っていませんし、あっても高かったり種類が限られていたりします。もしも、外国在住のお友達に会いに行く場合は、日本酒を検討することをおすすめします。 

日本酒を買う時に、ひとつ気を付けなければならないのは、空港で購入すると持ち込めない国や空港があることです。それで事前に購入し、スーツケースなど預ける荷物に収納すると安心です。

ふりかけ

外国で意外と手に入らないのが、ふりかけです。なくてもいいけど、軽いので、もしよければスーツケースの隙間に入れてみるといいかもしれません。

白いマスク

色付きのマスクでもよければ現地で手に入りますし、白も少量で良ければ問題ありませんが、白のマスクをたくさん使いたい方はぜひ日本からお持ちください。

トイレ掃除ブラシ

掃除用具にこだわりを持つ方は、日本からお運びください。例えば、トイレブラシは日本製を超えるものはありません。

ボールペン

外国に行ってストレスの原因の一つはボールペンの質の悪さでしょう。必ず、日本から持っていきましょう。現地の方々にプレゼントしても喜ばれるでしょう。

コンソメ 

日本の味付けをしたい場合、コンソメも必需品です。おそらく外国にあるのは、代用のブイヨンあたりで、本物は手に入りにくいでしょう。

保温マグボトル

象印やタイガー、サーモスの水筒の使い道は抜群ですよね。外国ではほとんど見かけませんし、中国の偽製品も多いので、持っていくとよいでしょう。

まとめ

日本で買うべきものは、さほど高価なものではありません。しかし、外国に行ってストレスフリーで暮らすには、今回の製品を持っていくことをぜひおすすめいたします。

ほかにも、「これあったら便利ですよー」というものがあれば、コメントお寄せください。

読んでくださりありがとうございました!

เพิ่มเพื่อน

タイ語の文法を順番に考えていくシリーズその5

こんにちは、チェンマイ在住の日本語教師もりすです。

これまでタイ語文法シリーズで、タイ語の文法を順番に覚えてきましたね。

今回、シリーズその5では、過去、現在、将来の表現方法を考えます。

これまで覚えたことに加えて、その出来事が過去なのか、今なのか、将来なのかを表現できるようになれば、自分の言いたいことをタイ語でほとんど言えるようになると思います。

過去

タイ語文法分析第五回は、過去、現在、将来の文法です。

まず過去に起きたことを説明する場合の基本的な表現法を覚えましょう。

เขา ทาน ข้าว แล้ว

あの人はもうご飯を食べた。

直訳すると、「あの人、食べる、ご飯、(終わった)」という語順です。

キーワードはแล้วで、ある動作が完了したことを示します。

แล้วは動詞よりも後ろに付きます。

もう一つ例を見ておきます。

เขา อาบ น้ำ แล้ว

あの人はもうシャワーを浴びた。

直訳すると、「あの人、浴びる、水、(終わった)」という語順です。

แล้วを使って動作が完了したことを示しています。

しかし、แล้วは形容詞の後ろにくる場合、少しだけイメージが変わります。 

สวย แล้ว

きれいだ。 

直訳すると、「きれい、(なっている)」という語順です。

決して「きれいだった」という意味ではありませんのでご注意ください。

中国語の「了」と近い概念です。

形容詞の後ろにくるแล้วは、過去のいつかに物事が変化してその結果今の状態になっていることを表現しているようです。

次に、過去の否定です。

เขา ยัง ไม่ มา เลย

あの人はまだ来ていない。

直訳すると、「あの人、まだ、~ない、来る、全然」という語順です。

過去否定のキーワードはยังไม่で、動詞の前に置けば、過去否定「まだ~していない」を表せます。เลยは、否定の時には強調するために時々出てきます。

次に、過去から現在への継続です。

ฉัน เรียน ภาษาไทย มา สิบปี แล้ว

私はタイ語を10年勉強してきました。(女性)

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190211144127j:plain

キーワードは、มาで、動詞と目的語の後ろに置いて、過去からの継続を表現します。

そして具体的な期間を述べる場合、มาの後ろに期間を述べてแล้วで閉じます。

確認のためにもう一つ例を見てみましょう。 

เขา เป็น หมอ มา ห้าปี แล้ว

あの人は医者になって五年になります。

มาแล้วの位置関係のイメージがつかめたでしょうか。

ほかにも、過去から現在への継続はこんな使い方もあります。 

ผม ดู ทีวี มา ตั้งแต่ เช้า

私はテレビを朝から見ている。(男性)

キーワードはตั้งแต่で、「~からずっと」という意味があります。

「動詞、目的語、มาตั้งแต่、時間」の語順で、「~からずっと○○をしている」を表現できます。

こうした文法に加えて、外国語を学び始めのころ、相手に確認したくなるのは、「それは過去のことですか?」とか、「これは過去のことです」みたいに補足したくなるかと思います。

その場合、「過去に」というタイ語ใน อดีตですので、覚えておきましょう。ほかにも、เมื่อ ก่อนも「以前」という意味で使えます。

現在

現在の状態の表現法に関してはシリーズその1で考えたとおりです。

しかし、動作の現在進行形、「~している」については、ここで改めて考えたいと思います。

ผม เรียน ภาษาไทย อยู่

私はタイ語を勉強しています。(男性)

絶対に覚えたいフレーズの一つですね。

直訳すると、「私、勉強する、タイ語、(している)」という語順です。

キーワードはอยู่で、動詞と目的語の後ろについて、動作が続いていることを示します。

少し似ていますが、「今まさに~している」場合は、กำลังを動詞の前に置きます。

ผม กำลัง เรียน ภาษาไทย อยู่

私は今タイ語を勉強しています。(男性) 

「今何しているの?」みたいに聞かれたら、後者のกำลังを使うと正しく表現できます。しかしながら、タイ語はかなりのところ文脈で通じる言語ですので、さほど心配しなくても大丈夫です。

ところで、「過去」という言葉を先ほど覚えましたが、「現在」という言葉も覚えておきましょう。「現在」は、ตอนนี้がよく使われます。「今ですか?」も「ตอนนี้?」で通じます。

将来

少し先の行動を表現する時には、จะを動詞の前に置きます。

ผม จะ ไป โตเกียว

私は東京に行きます。(男性)

直訳すると、「私、(する予定)、行く、東京」という語順です。

จะはとてもよく使われますので、必ず覚えておきましょう。

中国語の「我要去东京」の「要」と同じイメージですね。

○○することが決まってはいないけど○○したい、みたいな場合はจะではなく、อยากจะต้องการที่จะのかたちで言います。中国語の「我想去东京」の「想」と同じイメージですね。

ผม อยาก จะ ไป โตเกียว

私は東京に行きたいです。(男性)

ここで注意すべきなのは、それぞれ否定形の言い方です。

「~しない」の場合は、จะ後ろに、否定のไม่をつけて表現します。

一方、「~したくない」の場合は、อยากจะต้องการที่จะ前に、否定のไม่をつけて表現します。

ผม จะ ไม่ ไป โตเกียว

私は東京に行きません。(男性)

ผม ไม่ อยาก จะ ไป โตเกียว

私は東京に行きたくないです。(男性)

「将来に」というタイ語も覚えておきましょう。ใน อนาคตという言い方をします。

もりすの感想

さて、今回は少し内容が多めでしたね。しかし逆に言えば、過去、現在、将来のタイ語表現の基本はこれぐらいで十分だと思います。

実のところ、このタイ語文法シリーズ5までを系統的に頭に入れておくと、かなり便利です。

私自身、いろいろなサイトを探しましたが、この順番でタイ語を説明しているものが見つかりませんでした。それで自分のタイ語脳を分析して順番に並べました。私自身まだまだ初心者ですが、少しでも参考になれば幸いです。

発音や詳しい意味、他の例文などについては、コピーペーストでこの記事のタイ語タイ語辞書やGOOGLEなどで検索してお調べください。

この文法シリーズでは引き続き、基本文法以外を割愛し、簡潔に紹介したいと思います。

次回は、シリーズその6、5W1Hの質問方法です。

読んでくださりありがとうございました!

間違っている箇所や、さらなる参考情報があったら教えてください!

เพิ่มเพื่อน

海外滞在に必要な日本製品、その1(チェンマイ在住)

皆さま、こんにちは。タイのチェンマイ在住の日本語教師もりすです。

今回は、海外滞在に必要な日本製品をご紹介したいと思います。

「今まで外国で長期の滞在をしたことがないんだけど日本から何を持っていったらいいだろう」。

「外国に友達がいるんだけど、何を運んで行ってあげたらいいだろう」。

「近々、友達が外国に移住するんだけど、何をプレゼントしたらいいだろう」。

皆さまのこんな悩みに合った記事になればうれしく思います。

私は、タイのチェンマイからの視点で書きますので、東南アジアの場合、特に状況が似ているかもしれません。

スティック掃除機

電気製品関係は、電圧の違いがありますので注意が必要です。

日本製が便利で気に入っていても、大きくて運べない物がありますよね。

例えば、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどは現地で調達することになるでしょう。

とはいえ、こうした大型の電気製品は、こちらタイの電気屋オンラインストアでも日本製が主流になっています。

個人的な印象で言えば、SHARP、HITACHI、TOSHIBAMITSUBISHIが多く、時々PANASONICを見かけます。

韓国製も人気です。LG、SAMSUNGなどですね。

一方で、アメリカ製やヨーロッパ製はあまり見かけません。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190202184727j:plain

田舎の町でも、こんな感じでセールをしていることがあります。ちなみに7000バーツというと、およそですが25000円くらいです。さほど遠くない家であれば無料で家まで届けてくれます。

私の場合、自分で運んで持って行った電気製品は、日本製の掃除機と、ノートパソコンです。

掃除機については、友人の方々がプレゼントしてくださいました。パナソニック社のMC-BU110Jというスティック掃除機です。

 

「とっても使いたいけど、外国で使えるの?」と思う方もいらっしゃるでしょう。

私もとても不安でした。念入りに、製品名を検索して、タイで使えるのか検討しました。

買おうか悩んでいて、なおかつ私のような不安症の方は、説明書を公式サイトで見つけることができますので、ぜひまずは検索してみてください。

ちなみに、私が調べた結果を書きますと、説明書には、「入力AC100-240V」とあるのと同時に、「この製品は日本国内家庭用です(海外では使用できません)」とあります。

つまり2つの矛盾する情報ですよね。

しかし私は前者の情報、入力ボルトの数値を信頼してみることにしました。

その結果はというと、2018年3月から一年間毎日のように使っていますが、快適に使えています!

大きめのスーツケースであれば、片側に十分収納できるサイズですので、掃除機にこだわりたい方にはおすすめします。

ノートパソコンについて言えば、もし新しく買う予定ならば、現地で買うほうが良いかもしれません。AIUEOのようにローマ字入力ではなく、キーボード上のひらがなで入力するこだわりを持っている方は、日本で買うべきでしょうが、それ以外の方は現地で十分だと思います。

実際、タイ語で入力したい場合は、タイで買うパソコンのほうが、キーボードが断然打ちやすいと思います。LAZADAなどタイのオンラインストアで探してみましょう。

イヤホン

電気製品と言うほどではないですが、意外と大事なのが、イヤホンです。

国語学習にしても、音がよく聞こえるイヤホンを使えば、効率が倍増です。

私が日本から運んだイヤホンは、カナル式です。

マイクも付いているので電話にも便利です。

ちなみに、オンライン日本語教師をする場合も、イヤホンはとても大事で、生徒の発音の仕組みを聞き取れるようなものを使うと、発音の改善法を教えやすいです。

電気製品関連でほかに気になるのは、携帯電話スマートフォンかもしれません。

でもスマホについては安心していいと思います。

日本ほど値段が高い国はおそらくほとんどありませんし、SIM制限も普通はないのでいろいろ自由に使えます。

チェンマイでも、OPPOVIVOなど安めのものから、APPLEの高めのものまで、安心して現地で選べます。

散髪用のハサミ

髪型にどれほどこだわるかによりますが、ハサミがあると便利です。

私たち夫婦の場合は、タイ人の散髪が信用できないので自分たちで助け合って切っています。

チェンマイの散髪は安いところに行けば日本円で150円程度ですが、その分、なんといいますか、ざっくりしています。

私が買ったハサミは現在在庫切れですが、参考程度に別のハサミの情報を載せておきます。

すきばさみは時々、基本はなるべくハサミで切ると、素人でもそれなりにうまく切れますよ。タイの美容院より上手だと思います(笑)

ただ、もしバリカンがあればもっと便利だなと思う時があります。

こんな感じのがあると、またまた効率倍増です。

あ、でもこれはブラウン整品だから、こっちにもあるのかもしれません。

まとめ

さて、今回はその1ということでこの辺にしておきます。

ところで、チェンマイはそれなりに都会です。

それで妻はよくこう言っています。

「ここでは、日本よりも高い金さえ払えば、なんでも手に入るよ」。

本当にその通りです。

でもせっかくなら節約したい。

しっかり準備して海外長期滞在がしたい。

そんな方のために、その2を書きたいと思います!

次回は妻の意見を含めた記事にしたいと思いますので、ぜひまた見に来てください。

読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน