日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

中国からミャンマーを経て、タイ北部へ渡ってきた華人の歴史

こんにちは、タイ在住のもりすと申します。

早速ですが、タイの北部には中国人がたくさん住んでいることをご存じでしたか。

華人と呼ばれる人たちです。

華人が多く住む村のひとつに、熱水塘という村があります。

チェンマイ北部のこの村付近だけで、3千世帯、2万人ほどが住んでいるらしいです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112181857j:plain

今回はタイ北部の華人の歴史を少し勉強してみましたので、ご紹介しますね。

まずは歴史のおさらい 

毛沢東氏が中華人民共和国を樹立したのが1949年。

いわゆる共産党政権である。

当時中国国内で権力闘争を行っていたのが、蒋介石氏が率いる国民党。

同1949年10月に人民共和国樹立後も、国民党軍は中国西南部海南島などに残っていた。

1950年1月、雲南省に編成された国民党軍は、紅軍によってミャンマーへと逃げざるを得なくなり、もともとミャンマーとタイの国境地帯で活動していた国民党の抗日遠征軍と合流し、第93師団に再編成された。

しかしミャンマー政府は、国境の中に入ってきた国民党軍を討伐しようとし、台湾に圧力を掛け、その結果、1960年代初めごろまでに国民党軍の多くが台湾に撤退した。彼らは国民党第2軍、第4軍と呼ばれている。

その一方で、台湾に行かずにタイ北部に移動した国民党軍も少なくなかった。彼らは国民党第3軍、第5軍と呼ばれている。第3軍93師団の指揮官が李文煥、第5軍の指揮官が段希文である。第3軍の子孫はメーホンソーを中心に、第5軍の子孫はメーサロンを中心に分布しているらしい。

いわゆる残党とも呼ばれる人たちは給料のあてもなく、劣悪な環境で暮らし、麻薬の生産や販売に手を染める人もいたとか。

かつて、タイとラオスミャンマーの3国が集まるゴールデントライアングル地域は、麻薬栽培で有名だった。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112180847j:plain

タイ政府も、タイから国民党の残党を追い出そうとした。第93師団の残党たちはタイ政府に協力する立場を選び、1970年代にはタイ北部の共産党ゲリラ討伐の先頭に立った。1982年にはタイ政府が完全に共産軍を鎮圧し、後に功績をたたえて第93師団の残党にタイ国籍を与えた。

それから30年以上がたつ今も、タイ北部のチェンライ、チェンマイ北部には、子孫が中国文化を保って生活している。

ここまでがざっくりとした歴史のまとめです。

現在の中国村の雰囲気

タイ北部の中国村の人々はほとんどが繁体字を使います。なぜなら、簡体字が中国で広まる前に移住したから、また台湾の支援を受けている学校で子どもたちが教育を受けているからです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112181236j:plain

先述のとおり、1950年代以降、華人は中国雲南からミャンマーを越えて、難民あるいは不法入国者としてタイ北部に移り、中国村をつくってきました。

現在、タイ北部の華人は農業などを営み、タイ政府と平和裏に独自の文化を形成しています。

中国村の運営自体は、村長と自治会によって行われていて、タイ政府からある程度の自治権を与えられているようです。

しかしながら人によってはタイ国籍を持ち、人によっては居留証明書を持ち、中には何の正式証明も得ることができていない人も存在しています。

タイ政府から国籍を得ることは決して簡単なことではありません。

基本的に村の公用語雲南語で、普通語(中国の標準語)もほとんどの人が理解できます。タイ語も通じ、時にはタイアイ族もいるのでタイアイ語も聞こえてきます。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112181710j:plain

こういう道を走っていると、タイにいながら中国旅行をしているような気分になります。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112182233j:plain

国語学校も点在しています。

子どもたちは、日中はタイ語の学校に通い、夜間に中国語の学校で2時間ほど授業を受けます。忙しい毎日ですが、現在の北京や上海で暮らす学生たちよりも学業でのプレッシャーが少ないのか、みんなおっとりしています。

自分にしてほしいと思うように相手にする 

中国村の10代の若者たちに、「中国語とタイ語、考える時どっちがいいの?」と聞くと、大半は中国語と答えます。

でも文字を読むことに自信がなかったり、発音が標準かどうか自信がなかったりするので、話しかける時には親切に話しかけたほうがいいと思います。

それで、「私はいま中国語を勉強していてあまり得意じゃないんだけど、少しいま話せますか」みたいに近づくと、相手も緊張せずに答えてくれます。

中国村の年配の人に、「中国語話せますか?」と聞くと、「話せるよ!」と満面の笑みで答えてくれます。でも多くの場合、雲南なまり全開で、相手の言葉を聞き取るのに一苦労です。しかも、話しているうちに、相手のほうが申し訳なさそうな表情をしたりします。

どうなんでしょうか。

自分の言語に自信がない人って、日本にもいますか。

私は比較的ずっと都市部に住んできたので、あまり会ったことがありません。

いずれにしても、相手の雰囲気を見て、使う言葉を変化させるのは大事ですよね。

言語はあくまで道具、大事なのは何を伝えたいか、何を聞きたいか。

この意識は、どこに行っても大切だと思います。

言語が上達したら、少し相手に合わせてゆっくり話したり、単語を相手が分かる言葉に言い換えたりする。

こんな余裕を身に着けたいですよね!

日本語教師として日本語を教えるにも、別の立場で何かを教えるにしても、相手の思考や感情を見極めて、相手にほどよい言葉をかける。

共通しているような気がします。

また、歴史を学ぶと、タイで暮らす華人がどんな苦労をしてきたか、どんな努力を払っているか、敬意が増します。引き続き、この土地の華人の方たちと交流を深めていきたいと思います。

読んでくださり、ありがとうございました!

外国語の学習、自分の現在の言語レベルはどれくらい?

こんにちは、こんばんは。もりすです。

最近は私、タイ滞在記やタイ語学習について書くことが増えてきました。

というのも、タイ語学習が今のところ予定通り進んでおりまして、ちょっとうれしいからでしょうね。

もちろんまだまだできないことばかりですが、タイ語の音に慣れてきて、タイ人の話の4割くらいが分かるようになってきております。

そうそう、この4割という割合。

喜んでいい割合なのだろうか。

どうやって計測したんだろう。

哲学的な人は次のように言うかもしれません。

「客観的な情報によって割り出せる割合など決してないのだから、そんなことを考えることこそ愚行である」。

皆さまはどう思いますか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112014153j:plain

私としては、言語を学習するにあたって大事なことのひとつが、自分の言語レベルを知ることだと思います。

自分の言語レベルを知るって、単純に、やる気に関わってくる!

というわけで今回は、外国語の学習において、自分の言語レベルを考えることを書いてみたいと思います。

 

どれぐらいの割合の理解度を言語レベルの目標にすればいい?

先ほど、現在の私のタイ語の理解度を4割程度と書きました。

この言語理解の割合を計測するうえで大事なのは2つ、①目標とする割合と、②割合測定の基準かなと思います。

ここでひとつ、私が大事にしているのは、目標とする割合がであることです。

言語学習について言えば、目標があって初めて基準が生まれます。

例えば、日本の義務教育で英語を一生懸命勉強している生徒に、アメリカのホームドラマを見せて、「英語をどれくらいの割合で理解できますか」と聞けば、答えはおそらく「いやぁ1割っすね」とか「半分くらいですね」とかでしょう。「半分くらいですね」という生徒に、「では何割聞き取れるようになりたいですか」と聞けば、そもそもどれぐらい聞き取れればいいのか目標がわかっていない可能性はないでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181112014957j:plain

つまり、100%聞き取れることを10割の理解だと思ってしまっているのです。

もしかすると、初めて外国語を本気で学ぶ方は、この考え方をしてしまうかもしれません。

でも、どうでしょうか。

100%聞き取れる人なんているのでしょうか。

もちろん、通訳者を目指すとか専門職ならば、100%を目指すのかもしれません。

でも仕事で外国語を使いたいとか、旅行で外国語を使いたいとか、プロレベルを求めていなければ、100%聞き取れる必要はないと思います。

10割聞き取れることを目指さない!

この考え方は、やる気に大きくかかわると思います。

・では、言語は何割聞き取れれば十分に理解できるでしょうか。

私の中国語の学習経験からすれば、8割です。

何かの研究結果があるわけではありません。

でも8割を目指すことがおすすめです。

・では少し質問を変えて、言語は何割聞き取れれば基本的に理解できるでしょうか。

これも個人的な学習経験ですが、6割です。

6割分かれば、わからない単語が絞られてきます。

学習も当然容易になってきます。

ですから6割は途中地点として目指したい割合です。

10割ではなく、6割、8割を目指していく。

これが、外国語学習のやる気を保ち、上達を続けるモチベーションになると思います!

自分の言語レベルの割合測定の基準は?

8割、6割を目指すことを考えれば、言語レベル測定の基準も見えてきます。

相手の話を問題なく聞き取れる……8割

相手の話を基本的に聞き取れる……6割

私が言う「基本的に」というのは、「聞き返すべき単語を聞き分けて、相手にその言語で説明されれば理解できる状態」です。

「問題なく」というのは、「ある一定の状況が明示され、いくらかの会話が発生している場面でニュアンスを理解して状況を説明できる」です。ホームドラマなんかがそうですよね。人物関係とか、状況とか、前後の出来事とかいろいろ知ることができるわけで、ひとつの単語を知らなくても流れやニュアンスが理解できるはずです。

普段の生活でも、人間関係や前後の出来事があるわけで、「この人の言うこの単語のニュアンスは」とかいろいろありますよね。口癖も含まれます。

こう考えると、見ず知らずの人からの電話が言語学習の最大の難関じゃないかと思います。

では、私のタイ語の現状である4割はどんな基準でしょう。

1割からざっくり並べて書きますね。

発音の仕組みを理解する……1割

数字や基本フレーズなどを覚えて使える……2割

相手がその言語を使ってしばらく会話してくれる……4割

数字を覚えたくらいの2割では、会話が全く弾みません。

でも自分の言いたいことをこつこつ覚えていく段階ですね。

2割のころに、徐々に自分の聞きたい質問や、自分の意思を伝えることができるようになっていきます。

そしてこつこつと学習を続けると、いつのまにか、相手の話の要点がつかめるようになってきます。要点がつかめると、その要点を繰り返して口に出し、相槌が打てるようになります。すると、相手も会話を続けてくれます。

これが4割です。

相手がその言語で会話を続けてくれる。

笑顔で話してくれる。

これはとてもうれしいことですし、学習開始時期は4割を目標にするといいと思います。

1割だって立派、2割だって立派、4割だって立派……

まとめます。

今回紹介した言語レベルの話は、やる気に役立ちます。

また、発音から始まる、言語学習の正しい順番も思い浮かべやすくなります。

2割まで達成したかどうかは、Google翻訳に話しかけて試すと、自分の発音が正しいか、構文が正しく翻訳されるか、確かめられると思います。特に大事なのは発音ですね。構文は翻訳が間違っていることもありますし、実際に会話で使う時は通じることも多々ありますから。

4割を達成したかどうかは、やっぱり旅行が一番ですね。

近くにその言語を話す人がいればベストですけど、そんな環境はなかなかないですよね。

言語は使ってみて本当の価値が生まれるので、使う機会を何とか見いだしたいですね。

ちなみに私は、意識的に中国語を使っています。オンラインで中国人に日本語を教えていますし、タイでも中国人を見つけては中国語で会話しています。日本にいる時も、街で見つけては話しかけて練習しました。あ、それとドラマや映画も結構役に立ちますよ!

今はタイ語をもちろん毎日使っています。相手が当たり前のようにタイ語で会話を続けてくれたら、とてもうれしくなります。と同時に、相手の会話スピードが上がるので、学習へのモチベーションも上がります。

では、皆さんの現在学習中の外国語の言語レベルはどれくらいでしょうか。

1割だとしても立派!

4割だとしても立派!

外国語を学習しているみんな立派です!

読んでくださりありがとうございました!

タイ語の学習は発音からやってみよう

こんにちは、もりすと申します。

今回は、タイ語学習の続きを書きたいと思います。

前回、タイ語学習は発音から始めることについて紹介しました。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

タイ語は発音から学ぶのがいい

なぜ発音から学ぶのでしょうか。

それは重要性から考えると必然です。

例えば、発音より先にタイ文字を覚えたとしましょう。

うねうねとした文字を一生懸命書いて一つ一つ形を覚えていきます。でも、読み方は分かりません。そうであれば、文字を覚えたことに意味があるでしょうか。

しかも、タイ語の場合は、中国語と違い、文字は音を表しているにすぎません。ですから、タイ語の文字を覚えても、そもそも正しい音を出せなければほとんど意味がありません。それに対して中国語の場合は、例えば漢字で「生活」と書けば、音はわからなくても、日本人はおおよそ「普段の暮らしのことを言っているのかな?」と頭に浮かぶので、文字を覚えるメリットがありますね。

つまり、タイ語を学ぶには文字より先に絶対に発音を学ぶべきだと考えられます。

では、発音より先に基本会話を暗記するのはいかがでしょうか。

簡単に言えば、しばらくカタカナを使ってタイ語会話を暗記する方法です。

例えば、「こんにちは」、「ありがとう」、「トイレはどこですか?」くらいまでは、暗記もありだと思います。というのも、この3つの表現は、短期の旅行でも覚えたいくらい重要表現ですよね。どんな言語を学ぶにしても、この3つの表現は欠かせないと思います。

しかし、ここから先の表現、例えば、数字の言い方や名前の言い方など、これまた必要度の高い表現を覚えるうえで、正しい発音は欠かせません

なぜなら、数字や名前は、自分が言うだけでなく、相手の発音を聞き取る力が求められるからです。実際、数字は聞く場面のほうが多いですよね。「これいくらですか?」「25バーツです」とかですね。

そうすると、結論はやはり、タイ語は発音から学ぶのがよいということになります。

ちなみに、中国語は絶対に、発音から勉強することがおすすめです。そのことは以前に紹介させていただきました(^^)/

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

タイ語の発音、ひとつのビデオで覚えようとしていませんか

さて、では実際にどのようにタイ語の発音を覚えるといいでしょうか。

基本的には、タイ人の発音を、タイ人の説明で覚えるのが最善です。

これはどの言語でも同じですね。

正しい日本語を覚えたいなら、日本人の発音と説明を聞くのが一番です。

しかも、ひとつの音について、一人の発音だけでなく、いろいろな人の発音や説明を聞くと、耳が慣れて、音の出し方もわかってきます。

ですから、タイ語の子音や母音について、たくさんビデオを見て勉強するのがよいと思います。もちろんタイ人の先生が近くにいるならそれがベストでしょうが、なかなか探すのが難しいですよね。ちなみに私も、特に先生はいません。ただ、タイで生活しているので、いろんな人に使いながら、通じるかどうか試すことはできています。タイ語を勉強する方はおそらく、日本にずっといるわけでなく、タイに来ることを考えているでしょうから使う機会はきっとありますね!

たくさんビデオを見るとはどういう意味でしょうか。

ひとつのビデオを繰り返し見て覚えるという意味でしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181105222809j:plain

ここで少し、時間の有効活用を具体的に考えましょう。

例えば、15分のタイ語発音学習ビデオを見る時間が、合計2時間あるとします。つまり、8回ですね。

では、どうしますか。お気に入りの同じビデオ1本を8回見て内容を完璧に覚えますか。

それとも、ビデオをいくつか探して、例えば同じビデオを2回ずつ、4本のビデオを見ますか。

もし、お気に入りのビデオばかり見るとしたら、そのビデオの発音と内容にしか接することができないのではないでしょうか。

ですから、ぜひ、似たような内容の、でも先生や説明の違うビデオをいくつも見て、耳と口を練習するようにしてみませんか。

ちなみに私のお気に入りは、以下のYOUTUBE動画です。でもこの先生以外にも、いろいろなタイ人先生がYOUTUBEで教えてくれていますので探してみてください。

www.youtube.com

中国語ができる方には朗報

さて、タイ語の発音は、日本語と中国語で使う音によって、だいたいすべて覚えることができます。

日本人の苦手なタイ語母音は、中国語にある”e”の音に近いです。逆に、中国人が苦手なタイ語母音は、日本語の「え」の音に近いです。

だいたい日本語と中国語の音をすべて使えば、タイ語の音をそれらしく表現できます。

もちろん、タイ語の音として、タイ人の発音で覚えるべきですが、中国語ができると少し楽にタイ語の発音をイメージできると思います。声調についても、中国語ができるとイメージしやすいでしょうね。

ちなみに、タイ人のルーツには、中国系の歴史が混じっていますので、中国の潮州語からの影響がタイ語に及んでいます。

まとめ

というわけで、今回は、私がタイ語の学習を発音から始めてみた理由をシェアいたしました。また次回、外国語学習についてアップしたいと思います。

読んでくださりありがとうございました!

再びブログを見に来てくださればうれしく思います!!! 

タイのチェンマイで、"ヒノキ"のついでに立ち寄れるお店

皆さん、こんにちは。もりすと申します。

先日、タイのチェンマイ、チャイプラカーンにプレオープンしている、ヒノキの情報を掲載しましたが、今回はそのヒノキのすぐそばにある喫茶店の情報をシェアしたいと思います。

ヒノキこと、ヒノキランドについてはこちらをご覧ください。 

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

さて、 今回紹介するのは、ヒノキから車で1, 2分の場所にある、「ならコーヒー」です。

チェンマイから北に向かって走る場合、建物は左手です。

ただし入口は、KOLAKというお店になっています。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181029140317j:plain

このお店では、簡素なお土産が売っています。

このお店を通り過ぎて中に入ると、ヒノキと同様、日本風な空間が広がっています。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181029140929j:plain

あれ?

またもや、鳥居の間隔がせまい。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181029141045j:plain

きれいな赤とんぼもいました。

そしてこの日本風の建物に、「ならコーヒー」があります。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181029141230j:plain

左の数字はホット、右の数字はアイスです。

例えば、ラテのホットが50バーツ、ラテのアイスが60バーツですね。

コーヒーなかなかおいしいですよ。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181029143439j:plain

このお店ではクレープも作ってくれます。

基本がクレープの皮代の15バーツで、いろいろトッピングしても、合計30バーツくらいだったと思います。

日本のクレープとは皮の厚さが違って、このお店の皮は薄めです。

そんなに手際は良くない感じなので、作るのに時間がかかりますが、でも丁寧に作ってくれて、出来立てをいただけます。

今後、ヒノキにタイ人を連れていく時や、チェンマイから足を延ばしてチャイプラカーン方面に来る時は、一度寄ってみるのはいかがでしょうか。

読んでくださりありがとうございました!