日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

日本語の有声音と無声音の違い(中国語の有気音と無気音の違い)

みなさん、こんにちは。タイ在住、日本語教師もりすです。

今日は日本語の有声音と無声音、中国語の有声音と無声音について、情報をシェアしたいと思います。

主に、日本語教師の皆さん向けの情報ですが、中国語学習者の方にも役立つと思います。

無声音とはなんでしょうか。

例えば、「か」は無声音と呼ばれています。

それに対して、「が」は有声音と呼ばれます。

そして日本語教育の本では、声帯振動がある「が」を有声音、声帯振動がない「か」を無声音と説明しています。

しかし、この声帯振動というのは非常にわかりにくいです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20181206122332j:plain

理解することはできても外国人に教えるのは難しい……

次に、中国語の場合ですが、有気音と無気音があり、例えば、k音は有気音、g音は無気音と説明されます。

中国語のkaの音を発音する時は空気を強く吐き出します。この呼吸の強い音を有気音と呼んでいます。中国語のgaの音を発音する時もk音と口の中の形はほとんど一緒ですが、吐き出す息の量を弱くします

では、日本語学習者が日本語の有声音や無声音について、また中国語学習者が中国語の有気音や無気音について、自分が正しく発音できているか確認する方法がありますか?

あります!

とても大切なのは、音の出し方の違いをきちんと理解することです。

日本語の有声音と無声音、中国語の有気音と無気音について、動画(字幕付き)を準備しましたので、日本語教育の時や、中国語学習の時に、どうぞご参考になさってください。

 

youtu.be

もちろん、完全に母語話者の音の出し方を身に着けることはできないと思いますが、理論と音の違いをイメージしておくことはとても役に立ちます。

今回は、日本語教育関連のまじめなテーマ、有声音と無声音、有気音と無気音について記事と動画をご紹介しました。

読んでくださり、ありがとうございます!

もしよろしければ、下記のインスタのフォローもお願いします(^^)/

www.instagram.com

 

アニメで中国語学習 | 初心者向け解説付きビデオ! 「ペッパピッグ」でリスニング力アップ!

皆さん、こんにちは。タイのチェンマイ在住、日本語教師もりすです。

今回のテーマは、国語学についてです。

アニメで中国語を学習するためにとても便利な、解説付きビデオを作成しました。中国語を学んでいる方にとてもおすすめです。初心者の方にはもちろん、少し中国語が話せる方にも、会話に役立つ情報を含めることができたと思います。

私、このブログを書き始めた当初は中国語学習について書いたりなんかしてたんですが。≪見なくていいですが、このブログの「語学(中国語)」カテゴリーに過去記事あります≫

ここ2年ほどはタイ語の学習をしていたので、中国語の学習について書くのをやめてしまっていたのでした。

でも今年に入り、72日間にわたって中国人の子どもを育てる経験をしまして、中国語に対する愛が少し戻ってまいりました。朝から晩まで中国語を使って子どもと一緒に毎日過ごしたところ、「うん、やっぱりタイ語より中国語好きだな」という感覚が戻ってきました。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

 

この中国人の子どもがいつも見ていたのが、「ペッパピッグ」というアニメの中国語版です。この子は、小さい時から中国語アニメを見て中国語会話を覚えました。

皆さんも、「ペッパピッグ」というアニメを見たことがありますか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200724000228p:plain

「ペッパピッグ」、英語ではPeppa Pig、中国語では「小猪佩奇」

子豚のペッパピッグが主人公で、その子と家族を中心に、くすっと笑える短いストーリーで構成されています。英語版はイギリス系の英語、中国語は中国大陸系の中国語で収録されています。

中国語を学習するために、実はこのアニメ、最高傑作。

というわけで、「ペッパピッグ」中国語版を題材にした中国語教材を作りました。

解説ビデオを見てから、本編をご覧になると、中国語学習の効率上がります。

 

youtu.be

 

どうして、「ペッパピッグ」が中国語学習におすすめなんでしょうか。

理由は、以下の通りです。

1.生活の中で実際に使う会話やフレーズがたくさんある。

2.フレーズが短い覚えやすい

3.ストーリーが分かりやすい。絵を見ながら、いつ、どこで、どんなことを言うのかイメージできる。

4.本編に字幕がないので文字を見ることができず、リスニング力を鍛えざるをえない

5.発音が中国大陸の中国語に近い。

 

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200724002443p:plain

本編から大事なフレーズをピックアップし、じっくり解説!

上記の5つの理由のうち、特に良いポイントが4つ目の理由、本編ビデオには字幕がないという点なんですが、これは初心者にとってはマイナスポイントでもあります。そこで、本編ビデオから役立つフレーズをピックアップし、日本語でじっくり解説したビデオを作ることにいたしました。

ビデオをご覧になった後、「もっと、こういう説明がほしい」などご要望がありましたら、コメント欄にメッセージをお願いします。できる限り、わかりやすいビデオを作っていきたいと思っています。

皆さんの中国語学習に参考になればうれしく思います!

あ、ただし、本当の中国語初心者にとっては、ビデオが難しく感じるかもしれません。そういう方には、最初のステップを乗り越えるためにとても参考になるブログ記事を見つけましたので、リンク貼っておきます。黒色中国BLOGさんのおすすめ中国語学習法です。いろいろな方法を組み合わせて学習するのが一番ですね(^^♪

bci.hatenablog.com

 

というわけで、今回は、国語学について、特にアニメで中国語を学習するためにとても便利な、解説付きビデオについて記事にいたしました。

最後まで読んでくださり、どうもありがとうございました。

いつもと違う時間の使い方を楽しんで、コロナを乗り切りましょう!

最近インスタを始めました。もしよろしければ、下記のフォローもお願いします(^^)/

www.instagram.com

日本語教師もりす、初Youtube動画作成と公開のお知らせ!

皆さん、こんにちは。

チェンマイ在住の日本語教師もりすです。

ところで最近、私と妻はYoutubeチャンネルを作ることにしました。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200716142214j:plain

動画に「いいね!」やコメントをしよう!

今までもずっと「Youtube、いつかやろうかな……」と悩んでは諦めてきたのですが。

最近少し時間ができたので、趣味程度にやってみようかなと決意。

まずは、友達や日本語生徒からよく質問される内容を題材に、少しずつビデオを作ってみようと思っています。

一作目のタイトルは、チェンマイの暮らし 北タイの町 ファーン チャイプラカーン」です。

youtu.be

 

以前から日本語教師もりすブログを読んでくださっている方はご存じの通り、私たち夫婦は以前はチェンマイ市内の都会に住んでいましたが、今はチェンマイ郊外の田舎町に住んでおります。

それで、友達が私たちによく聞いてくれるのが、「タイの都会と田舎はどう違うの?」とか、「どっちが住みやすい?」といった質問です。

そんな時、私たちも一生懸命説明するんですが、日本とは雰囲気も違うし、伝えるのが結構難しい。。。

そこで!

今回、チェンマイの都会の生活と、チェンマイの田舎の生活との違いを短いビデオにしてみました。

もしよろしければ、日本語教師もりすのYoutube動画を時々ご覧いただき、「いいね!」だったり、チャンネル登録だったり、皆さまのお知り合いにシェアだったり、ご協力いただければ大変うれしく思います。

わたしたち夫婦のお友達の中には、日本語が分からない人もたくさんいるので、日本語教師もりすのYoutubeチャンネル名は【Japanese Teacher Morris】といたしました。

ぜひぜひ、下記のチャンネルにてご登録お願いします(^^)/

www.youtube.com

 

以上、Youtubeチャンネル新規開設のお知らせでした。

今日もブログを読んでくださり、どうもありがとうございました!

これからもどうぞよろしくお願いします(^^♪

เพิ่มเพื่อน 

タイ語の文法を勉強したい人におすすめの教科書

皆さま、こんにちは。日本語教師のもりすです。

さて今回のテーマは、タイ語の文法を勉強したい人におすすめの教科書についてです。

個人的な話ですが、2020年6月現在、タイ語を勉強して1年9ヶ月が経過しまして、言いたいタイ語だいぶ言えるようになってきたかなと感じています。

最近のタイ語会話能力のアップに大変役に立ったのが、タイ語文法をまとめた本です。

その本の名前は、「Thai Reference Grammar: The structure of Spoken Thai」です。

タイ語についての説明が、全て英語で書かれていますが、タイ語文法のまとめ方が大変素晴らしいです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200608201118j:image

感動を伝えるために、もう一度繰り返しますが、タイ語文法のまとめ方がとても素晴らしい!

英語が少し分かる方にはかなりおすすめ。あるいは、英語があまり分からないけど、タイ語を少し勉強していてすでにタイ語を少し読める方にも、おすすめです。

実のところ、タイ語の文法は英語にかなり似ているので、日本語で考えるよりもタイ語と英語で学習したほうが近道だと思います。英語でタイ語文法を学習したい人に、この本は最高の作品と思います。

この本はタイ語文法をどのように解説しているか

この本は、「タイ語の文構造を総合的に見たい」タイ語学習者とタイ語教師にぴったりです。初級学習者はタイ語文法を一から学べますし、ある程度タイ語を習得した人もタイ語文法をおさらいできます。

質問、接続詞、時制などのカテゴリーごとに、各章で順番に勉強できます。しかし、文法の分析を深く追求することはされておらず、口語の実例がたくさん羅列されており、非公式な場面で使う言葉と正式な場面で使う言葉の違いが分かりやすく記載されています。

500以上のトピックがあって、各トピックのサンプル文を合わせると例文は2000以上あります。各例文は、古めかしい文章例ではなく、普段タイで耳にする典型的な話し言葉です。

どんな大まかなトピックがあるかと言うと、前半にはまず、タイ語文法の基礎、物や人の表現法、質問文作成方法などが章ごとに順番に説明されます。その後は、時制の表現法、助動詞や副詞の使い方、接続詞の種類などの説明が続きます。また、頻繁に使われるタイ語を、文法からではなく単語の使い方の観点から特集している章もあります。もちろん、前置詞、文末助詞、連続する出来事の表現法などの章もあります。終盤の章に入ると、前半に一度読んだ内容と少し重複する内容が、別のまとめ方でもう一度登場することもあり、心地よく復習しながら学習できます。

これほど総合的に、分かりやすく、実例をたくさん掲載している、タイ語文法書を、私は見たことがありません。おそらく日本語のタイ語解説書にはないのではないだろうか。正確に言えば、日本語だとタイ語と文法が異なりすぎて、このまとめ方ではうまくいかないのかもしれません。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200609142537j:plain

例えば、「時間通り」、「時間を過ぎた」の使い方の説明はこんな感じ

写真の例文は、「あの人(女性)はいつも時間通りに来る」、「あそこに時間通りに着いた」、「もう時間過ぎたので、早くしてもらえない?」、「寝る時間過ぎたよ、何してるの?」という感じです。実際に会話で使う文章ばかりですよね。

というわけで、ほかの学習と並行して、この本を使って英語でタイ語文法を学習してみるのはいかがでしょうか。

タイ語を独学で勉強して感じること

もちろん、色々突き詰めると、専属のタイ人先生に定期的に教わるのが一番ですが。

しかし。

タイ語は独学でも、とりあえず自分の言いたいことはほとんど伝わるようになる。

これが私の感想です。

私が実際にやってみて思う、早めにタイ語を習得するために必要な条件は、

1. 現地のタイ人と毎日会話すること

2. 毎日少しずつでもタイ語の単語と短い文章を覚えること

この2つです。

ほかの外国語の学習とほとんど同じでしょうね。

でも、タイに住んでいない人がタイ語を学習する場合は、毎日会話はできないでしょう。どうしたらいいでしょうか。例えば、代わりに独り言で会話のイメージトレーニングをしたり、タイ語現代ドラマを定期的に見て耳を慣らしたり、タイ語の歌の歌詞を覚えて歌ったりするなど、工夫が必要だと思います。

Youtubeで、いろいろな先生の動画を見続けることも役立ちます。私の場合は、学習スタートの最初の期間、毎日この先生の動画を見ていました。

www.youtube.com

 

タイ文字は、どれほど覚えるべきでしょうか。人によって考え方が違うでしょうし、覚えるに越したことはないんですが、私はほとんど覚えられませんでした。そして、最初は無理して覚えないことにしました。なんかタイ文字を一つ一つ見て覚えるだけだとイメージがわかないんですよね。結果、寝たり嫌になったり。

したがって最初のころはタイ語をぼんやり眺めながら、正しい発音を耳と口で覚えるだけにしました。もちろん、決して日本語カタカナで覚えてはなりません。英語表記も、末子音の参考程度に使うだけにしておきましょう。一番いいのはタイ語表記をぼんやり眺めながら音を脳で覚えることだと思っています。タイ文字のことを考えすぎずに、音を徹底的に覚えましょう。

そんな感じで、1年9ヶ月タイ語を見続けていると、タイ語を見飽きてきて、タイ語の単語をひとまとまりのセットとして読み方が覚えられるようになりました。

でも、それじゃタイ語書けないじゃん。

はい、私はタイ文字が書けません。

でも、IOSタブレットスマホを使っている人であれば、タイ語を入力する時に、変換候補が現れますので、なんとなく単語の文字の雰囲気を覚えているだけでも、大体入力できるようになります。

Androidの場合も、「Keyboard ManMan」というアプリを使えば、変換候補がヒントを与えてくれます。

LineとかFacebookとかでやりとりする場合は、タイ文字を書けなくても、変更候補に頼りながら、グーグル翻訳なども参考にすれば、なんとか乗り切れます。

ですから、まとめますと、会話がしたい学習者であれば、「タイ人とたくさん会話すること」と、「毎日実用的なタイ語言い回しを暗記していくこと」だけで、自分の言いたいことはだいたい話せるようになるんじゃないかなぁと思います。

しかし、タイ人に文法の質問をしても、ほとんど教えてくれない。

だから、独学で話せるようになったとしても、文法書は必要なんです。

総合的に文法を眺めると、「あ~、この文法であの人は話しているんだ!」といろいろ発見がありますよ。

というわけで、今回は、タイ語の文法を勉強したい人におすすめの教科書をご紹介いたしました。

タイ語文法を学習したい皆さまのお役に立てばうれしく思います。

読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน