日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

タイでスマホを購入する。店頭で買う?ネットで買う?

皆さま、こんにちは。日本語教師もりすです。

今回のテーマは、「タイでのスマホ購入」です。

私自身、二度タイでスマホを購入しました。

外国でスマホを買うときに気になるのが、お得な購入方法だと思います。

日本の場合、正規販売店で買うか、代理店で買うか、家電量販店で買うか、インターネットで買うかなど、いろいろ比較検討される方も多いのではないでしょうか。

それで、タイに長期滞在する方も、「店頭で買うのと、ネットで買うのと、どちらが安いのだろう?」と考えるかもしれません。

今回は、タイでのスマホ購入に役立つ情報をお届けします。

電話回線会社でプランを契約し、同時にスマホを購入する方法

まず、自分がどれくらいスマホを使用するのかで、おすすめの購入方法が変わってきます。

日本でも、○○GBパックみたいな、さまざまなプランがありますよね。月額も、インターネットデータ使用可能限度によって変わってきます。

同じく、タイにも、さまざまなプランがあります。私の場合は、月額299バーツ、1.5GB使い放題、100分の無料通話というプランです。日本円で、月1,100円くらいなので、日本より断然安いですね。

もしも、私と同じくらいしかスマホを使わないという方は、電話回線会社でスマホを買うのをあきらめましょう。

一方で、「月に16GB, 300分話したいよ~」という方は、月額599バーツのプランを選ぶことができます。下の写真の一番左のプランですね。これでも日本円で、月2,200円くらいですから、高くはないですね。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520134900j:plain

タイの電話通信会社DTACのプラン

そして、写真を見るとわかる通り、月額599バーツ、699バーツ、899バーツのようなプランを希望している場合は、その電話回線会社でスマホを購入するのがお得です。

具体例として挙げている写真では、サムスンのギャラクシーA10が、本来4,490バーツのところ、1,690バーツで手に入ります。

比較的新しいモデルのスマホを、いくつかのバリエーションの中から選ぶことができます。アップルが好きな方は、iphoneを選ぶこともできます。

ただし、機種によって月額プランの選択肢が狭かったり、欲しい機種がなかったり、色の在庫がなかったりするというデメリットがあります。

まとめますと、スマホを高い月額で使う予定の方は、電話回線会社をいくつか調べてみましょう。DTACやAIS、TRUEなどが大手です。

インターネットで購入するより、店頭購入がおすすめ

さて、私のように、「月額プランは安くしたい。とにかくSIMフリースマホを安く手に入れたい」という方は、店頭購入しましょう。

「でもインターネットの方が安いんじゃない?」と疑いたくなるかもしれません。しかしタイでは2019年現在、スマホ購入は、まだまだ大手インターネットサイト(LAZADAなど)よりも、店頭購入が主流です。

値段はほぼ一緒です。時にはインターネットが少し安いこともあるかもしれませんが、公式サイトではなく、口コミレビューもいまいちだったりします。しかも、200バーツくらいの違いだけです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520140616p:plain

LAZADAのVIVO公式ストア、V11i(Ram 6GB、Rom 64GBモデル)

ちなみに私が購入したVIVOのV11iは、インターネット上で、7,999バーツがセール価格となっています。モバイルバッテリーを含む、3つの景品が付きます。

口コミレビューも満点で、一見、「インターネットが安い!」と思えます。

しかし、店頭に行ってみるとどうでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520141111j:plain

左側、先ほどと同じV11i、7,999バーツ

「なんと!」

意外にも、店頭でも同じ、7,999バーツで売っています。

元値表記がないのでセール感がありませんが、値段は公式サイトの価格と一緒です。

一応、同じ日に、店頭とインターネットサイトを検索してありますのでご安心ください。

では、モバイルバッテリーなどの景品はどうでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520141721j:plain

モバイルバッテリー、Bluetoothスピーカー、ヘッドホンなど各種景品

写真の景品を頂けます。中でも、モバイルバッテリー、Bluetoothスピーカー、ヘッドホンは良品で、実際に使えるものです。

まとめますと、タイでスマホを買う場合は、インターネット購入よりも、店頭購入がおすすめです。

タイの携帯電話売り場

タイでスマホを買う場合、それが大きなショッピングモールやスーパーならば、店頭にスタッフがたくさんいます。店に入ると、向こうから必ず近づいてきます。

チェンマイには、セントラルフェスティバルという大きなショッピングモールがあります。そこには携帯屋さんがたくさんあります。

「どの店がお得なんだろう」と悩むかもしれません。

ざっと調べたところ、値段は一律のようです。実際、「二台買うから安くして」と言ってもうまくいきませんでした。

それで、どの店で買うかを決めるのは、感覚に頼っていいと思います。

店頭で買うメリットのひとつは、画面フィルムをきれいに貼ってもらえることです。

そのことを踏まえて、親切そうな店員さん、器用そうでお客さんにそれなりに慣れていそうな店員さんを見つけて、その人から買うのがいいでしょう。

安すぎるスマホはやめよう

タイのスマホは日本に比べるととても安く、VIVOOPPOHUAWEIなど中国製が主流になっています。

中には、「そんなに使わないし、安いのにしよう」と考えている方もいるかもしれません。

でも、できれば、5,000バーツくらいの機種はやめておきましょう。

実は私は2018年3月に、OPPOの廉価モデル(Ram3GB,Rom32GB)を買いましたが、2019年3月に突然起動しなくなりました。

タイに住む人たちの話によると、どの会社のスマホも、安いモデルは壊れやすいようです。

ですから、せっかくなら、8,000バーツ以上のモデルを買うことをおすすめします。

ちなみに今のところ、V11iは使いやすく、おすすめですよ。

というわけで今回は、「タイでのスマホ購入」について書きました。

この情報が皆さまのお役に立てば、うれしく思います!

読んでくださり、ありがとうございました。

เพิ่มเพื่อน

白州ウイスキーは手に入らない

こんにちは、ご無沙汰しております。タイの日本語教師もりすです。

今回は語学や外国生活とは別ジャンルの内容を徒然なるままに書き連ねようと思います。

先日、山梨県白州ウイスキー工場に行ってまいりました。

白州ウイスキー、皆さん召し上がったことがありますか?

サントリーウイスキーといえば「山崎」ですが、「白州」もかなりの人気で今や希少なお酒になっています。

白州は、中国人の間でも人気で、買い占めていく方も多かったようで、白州工場の樽にもそれほど多く残っていないようです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190408194816j:plain

白州ウイスキー

ウイスキーなんて興味ないよ、やっぱり日本酒だろ」とか、「ビールが一番」「山梨といえばワイナリー」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。私も元々ウイスキーに興味はありませんでした。が、タイで生活しておりますと、日本酒を飲む機会が格段に減り、その代わりにタイビールを飲んだり、欧州系のウイスキーやジンを割って飲んだりするのであります。

ビールの場合、日本のビールの繊細な味わいと、アジアのビールのあっさりした味わいには大きな違いがあります。しかし、ウイスキーの場合、炭酸水で割ってハイボールにしたり、ジンジャーハイボールやコークハイボールなど、味に変化を加えることができるのが魅力のひとつです。

白州ウイスキー工場にも、「森香るハイボール体験ツアー」というハイボールを試飲するコーナーがあり、事前予約で参加できます。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190408195117j:plain

白州ウイスキー工場でつくるハイボール

白州ウイスキーを使うのはもちろんのこと、大きさにこだわった氷、薄くてよく冷えやすいグラス、最後にのせるミント、山梨でとれた水を使った強炭酸水、ハイボールを作る順番など、すべてがハイボールの味を際立たせます。500円で参加でき、お得感満載です。

また、工場にはウイスキーの試飲ができるバーがあります。有料ですが、これも価値があります。私たち夫婦は、「白州飲み比べセット」(700円)を体験しました。「白州」(100円)と「白州12年」(600円)をそれぞれショットでいただくプランです。違いは歴然。深みが全く違います。目をつぶっても、違いに気づきます。ぜひ一度お試しくださいませ。

さて、そんな白州ウイスキー工場ですが、弱点がひとつ。

白州が売っていない!

これは残念です。お土産やプレゼントを買おうと思っている方はお気をつけください。

工場で買える美味しい物といえば、サントリーとグリコで共同開発されたポッキー、「大人の琥珀です。こちらの商品は、アマゾンさんと正式に提携しているらしく、アマゾンさんを通しても購入できます。「お土産のために荷物を増やしたくないよ~」という方は、ネットで買うのもスマートな方法ですね!

というわけで、今回は白州ウイスキー工場をご紹介しました。

機会があったら、行ってみるのはいかがでしょうか?

日本語教師もりす↓

เพิ่มเพื่อน

 

タイ語の文法を順番に考えていくシリーズその6

今回は、タイ語の文法を順番に考えるシリーズの続きです。

シリーズその6では、タイ語の5W1Hの質問方法をまとめます。

質問ができるようになると会話が弾みますね。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190326185744j:plain

質問の文法を覚えれば会話が盛り上がる

 

何?

まずはWHAT、つまり「何」の質問方法です。

คุณ ชื่อ อะไร ครับ

名前は何ですか(男性が質問する)

คุณ ชื่อ อะไร คะ

名前は何ですか(女性が質問する)

直訳すると「あなた、名前、何」という語順です。

「何」のキーワードはอะไรです。

知りたいものの部分にอะไรを加えると、質問表現になります。 

คุณ ทำ งาน อะไร ครับ

仕事は何をしていますか。(男性が質問する)

คุณ ทำ งาน อะไร คะ

仕事は何をしていますか。(女性が質問する)

直訳すると「あなた、する、仕事、何」という語順です。

やはりキーワードはอะไรです。

便利ですのでぜひ覚えましょう。

どこ?

よく使う質問は「どこ」という言い方です。

บ้าน คุณ อยู่ ที่ ไหน ครับ

あなたの家はどこですか(男性が質問する)

บ้าน คุณ อยู่ ที่ ไหน คะ

あなたの家はどこですか。(女性が質問する)

直訳すると、「家、あなた、ある、に、どこ」という語順です。

キーワードは、ที่ ไหนです。

知りたいものの後ろに、ที่ ไหนをつければ、場所を尋ねることができます。

まず絶対に覚えるべきなのは、「トイレどこ?」ですね。

ห้องน้ำ อยู่ ที่ ไหน

直訳すると「トイレ、ある、どこ?」です。

誰?

これはあまり使わなくても、やっていける言葉かもしれません。

でも例えば、落とし物を見つけて持ち主を探してあげたいときに、「誰のもの?」が言えると便利ですね。

นี่ ของ ใคร

これは誰の?

直訳は「これ、のもの、誰」という語順です。

キーワードはใคร、誰です。

いつ?

時間の概念がそもそも違ったりするので、注意が必要な分野です。

前回の記事でも書いたように、「昔なの?今なの?将来なの?」くらいの確認でとどめておくのが良い場面もあります。

しかし、どうしても大事な日付を確認したい、あるいは確認される場合もありますね。

มา ประเทศไทย เมื่อไร

タイにいつ来たの?

税関や警察から聞かれることのあるフレーズです。

直訳すると、「来る、タイ、いつ」の語順です。

キーワードはเมื่อไรです。

普段の会話ではタイ人の時間の感覚はざっくりしています。

が、税関や領事館は、日本並みに細かいので気を付けましょう。

なぜ?

5Wのうち、Whyの質問はいちばん上級者向けで、なくても生きていけますね。

会話において理由を聞くのはどの言語でも難しいものです。

タイ人は特に理由もなく行っていることも多いですから、「なぜ?」の意味は通じても、「理由を考える意味があるのか?」という戸惑いを見せる人もいます。

ทำไมという言葉を使うということだけ覚えておきましょう。

どのように?いくつ?どれくらい?何時?

英語のHowについては、タイ語ではいろいろな表現に分類されます。

まず、「どのように」はอย่างไรで表現します。

例えば、こんな感じです。

ไป อย่างไร

どうやって行くの?

次に、How muchの「いくら」はเท่าไหร่を使います。

อันนี่ เท่าไหร่

これいくら?

お金を聞く場面はよくありますね。

ほかにもHow old、年齢を聞く時にも使えます。

อายุ เท่าไหร่

歳はいくつ?

How many hours、「何時間」はกี่を使って、กี่ชั่วโมงと表現します。

たくさんありますので、あせらず一つずつ覚えていきましょう。

どれ?どっち?

英語でいうwhichですが、タイ語の場合、対象となる物をはっきりさせないといけません。靴の場合、「どのセット」とか、家の場合、「どの棟」とかいった感じで、それぞれにふさわしい数え方を付けてあげなければならず、難しいです。

そこで、万能な語形を覚えておくと便利です。

อัน ไหน

どれ?

このอัน ไหนというのは、だいたいどんなものでも対応できる表現で、日本語にすると「どのもの?」みたいなニュアンスになります。

例えばレストランで注文して、こちらのタイ語を店員が分からないとき、อัน ไหน คะと聞き返してきたりします。「どれですか」みたいな感じですね。

私はいまだにこれしか使いこなせていませんが、生活上に不便はほとんどありません。

もりすの感想

5W1Hを少しでも覚えると、タイ生活が容易になります。

タイに生活する日本人の方はまずこの記事に出てきた単語を覚えると、格段に生活が充実してくると思います。

シリーズその7で何を書くか…未定ですが、またぜひ当ブログを見に来てくださいませ。

เพิ่มเพื่อน

海外滞在に必要な日本製品、その2(チェンマイ在住)

前回に引き続き、海外滞在に必要な日本製品をご紹介したいと思います。

アジアの田舎では決して手に入らないものもありますので、ご参考ください。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

では早速リストアップしていきますね。

 

クレラップ

実のところ、いわゆるサランラップは私が思う必需品です。私はクレラップ派ですが、いずれにしろ、日本製品と海外製品の差は相当大きいですので、ぜひ、必ず、日本からお持ちください。海外で生活している人にプレゼントする場合も実用性抜群です。

ファンデーションなどの化粧品

こちらは妻が思う必需品です。日本製の化粧品は多くの場所で手に入りますが、地域によって色合いが異なります。例えば、タイのチェンマイの場合、日本人が好きなファンデーションの色合いは試供品しか置いていないケースが多々あります。結果、タイ人の女性が好むような色合いで我慢するか、日本から高額で取り寄せるかという最悪の展開になってしまいます。ぜひ、化粧品は日本で準備していきましょう。

ちなみに、男性の化粧品は現地でよいと思います。ヘアワックスもお手頃にまあまあ質のよいものがありますし、髭剃りや髭剃りフォームも手に入ります。

カビキラー

これもまた、私のおすすめ品です。以前ハウスクリーニングの仕事をしていましたので掃除が好きなのですが、外国の田舎でカビキラーを手に入れることができません。酸性の洗剤はトイレ用洗剤などを現地で買って代用できますが、次亜塩素酸塩の洗剤を見たことはありません。浴室のカビを簡単に取りたい方は必ず日本からご持参ください。

日本酒

こちらは夫婦の共通の飲食系一位です。以前の記事にも書きましたが、日本米や刺身、納豆などの日本食はだいたいチェンマイで手に入ります。しかし、日本酒はほとんど売っていませんし、あっても高かったり種類が限られていたりします。もしも、外国在住のお友達に会いに行く場合は、日本酒を検討することをおすすめします。 

日本酒を買う時に、ひとつ気を付けなければならないのは、空港で購入すると持ち込めない国や空港があることです。それで事前に購入し、スーツケースなど預ける荷物に収納すると安心です。

ふりかけ

外国で意外と手に入らないのが、ふりかけです。なくてもいいけど、軽いので、もしよければスーツケースの隙間に入れてみるといいかもしれません。

白いマスク

色付きのマスクでもよければ現地で手に入りますし、白も少量で良ければ問題ありませんが、白のマスクをたくさん使いたい方はぜひ日本からお持ちください。

トイレ掃除ブラシ

掃除用具にこだわりを持つ方は、日本からお運びください。例えば、トイレブラシは日本製を超えるものはありません。

ボールペン

外国に行ってストレスの原因の一つはボールペンの質の悪さでしょう。必ず、日本から持っていきましょう。現地の方々にプレゼントしても喜ばれるでしょう。

コンソメ 

日本の味付けをしたい場合、コンソメも必需品です。おそらく外国にあるのは、代用のブイヨンあたりで、本物は手に入りにくいでしょう。

保温マグボトル

象印やタイガー、サーモスの水筒の使い道は抜群ですよね。外国ではほとんど見かけませんし、中国の偽製品も多いので、持っていくとよいでしょう。

まとめ

日本で買うべきものは、さほど高価なものではありません。しかし、外国に行ってストレスフリーで暮らすには、今回の製品を持っていくことをぜひおすすめいたします。

ほかにも、「これあったら便利ですよー」というものがあれば、コメントお寄せください。

読んでくださりありがとうございました!

เพิ่มเพื่อน