日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

タートンからバンコクまでのバス(ファーン、チャイプラカーン経由)

皆さまこんにちは。チェンマイ在住の日本語教師もりすです。

今回は、少しマニアックな北タイ情報を書きます。

ファーンやチャイプラカーンからバンコクまで行くために便利な、タートンからバンコクまでのバスについてです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195230j:plain

タートンからバンコクまでのバス(ファーン、チャイプラカーン経由)

北タイに住む日本人がタイから帰国を考える時は、バンコクの空港から日本へ飛ぶ情報を一度は検索するはずです。

チェンライやチェンマイなど大都市に住んでいる方は、飛行機でバンコクまで行くのが簡単で安いと思います。

しかし、田舎に住む北タイ日本人は、チェンマイに出るのも一苦労。

チェンマイで車を長期間どこに置いておこう。

タイに戻った後、チェンマイから車で帰るのしんどいなあ。

いっそ、多少高くてもバンコク経由しないで日本行こうかな。

田舎に住む北タイ日本人はいろいろと、とにかく面倒くさく感じてきます。

そこで一つ、裏技が。

長距離バスです。

タートンからバンコクを結ぶバスがあります。

タイ語でしかありませんが、一応予約サイトのリンクを載せておきます。

www.busticket.in.th

ファーンからバンコクへのバス

例えば、ファーンからバンコクに行こうとする場合、基本的な出発時間は、ファーンのバスターミナルから、16:00、16:30、17:00の選択肢があります。

ファーンのバスターミナルの地図も貼っておきますね。

Google マップ

チャイプラカーンから乗る場合は、ファーンからプラス30分の時間で計算しますと、大体良いと思います。

チャイプラカーンの場合、バス停は以下のリンクの銀行のすぐ近くです。ちょっと歩いてみると、バスの待合みたいな店が見つかります。

Google マップ

チャイプラカーンからバンコクまで、所要およそ14時間です。

長いといえば長い。

もちのろんろん。

でも、寝たりゲームをしたり映画を見たりしていれば、あっという間。

ただし、チャイプラカーンからチェンダオまでは携帯電波なくなりますのでご注意を。「うちの近くが一番田舎なのでは」疑惑がございます。

さて、バスを予約するにあたって、二つの選択肢がございます。

普通バスか、VIPバスか、という選択肢です。

最初の2本は普通バス、3本目はVIPで少しだけ値段が上がります。

どんな違いがあるのでしょうか。

普通とVIP、あなたならどっち?

私は行き帰りで両方体験してみることにしました。

まず行きはVIPです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195330j:plain

幅が広々とした椅子

乗るとすぐに、写真のとおり、機内食と毛布をくれます。

横幅がかなり広いです。

でも……

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195457j:plain

ゆったりとした椅子

足元は惜しい。

足のリクライニングを完全に上げきることはできません。

身長が160センチくらいまでの方は、いいかも。

それ以上の方は、完全に足を伸ばすことはできません。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195651j:plain

途中の食事休憩

しばらく乗ると、途中で食事休憩があります。

なんと、乗車券に一食分含まれており、無料で麺類などの軽食を頂けます。

時間は短めなので、さささと食べましょう。

さてここまでがVIP。

次は普通バスです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195932j:plain

普通バスの車内

他人の椅子を撮影しましたので雑然としてはおりますが。

広さの違いがお分かりになるでしょうか。

幅が違います。

でも、奥行きと言いますか、足元はほとんど変わりません。逆に感覚的には足元は広いかも。

機内食や毛布、途中の食事は同じです。

ずっと座っていると、VIPのお尻のクッション性が少し優れているように感じます。

結論。

違いはそんなにない。

値段は250バーツくらいの違いです。1000円くらいですね。

どっちがおすすめか。

うーん。

どっちでもいいですね。(笑)

優柔不断ですみません。

しかし値段重視なら、普通バスがおすすめということになりますね。

以上、タートンからバンコクまでのバス情報でした。ファーンやチャイプラカーンなど北タイから乗る方はおすすめです。

読んでくださりありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน

タイのゴキブリは排水溝から家に侵入する!

皆さん、こんにちは。タイ北部在住の日本語教師もりすです。

今回は、悲しいテーマです。

タイのゴキブリは排水溝から侵入してきます。

しかも台所のシンクからも侵入してきます。

日本では、排水溝にはタラップと呼ばれる器具が設置されているので、そんな状況はおそらく滅多に見かけないと思います。

しかし、タイでは普通に排水溝から侵入してきます。

私は虫が大嫌いでして、特に、ゴキブリ、蛾の二種類が嫌いです。

汚くて、でかくて、なかなか死んでくれなくて、想像もしたくありません。

でも、タイや熱帯地域で暮らしていて、ゴキブリに悩んでいる方々のために、嫌々ながらこの記事を書きます。。。

タイのゴキブリの種類

我が家に頻出するのはどんなゴキブリかというと、ワモンゴキブリと呼ばれる、大きいゴキブリです。検索すると、おぞましい画像が現れます。

とにかくサイズがでかいです。動きは遅め。

日本でよく出るのは、チャバネゴキブリと呼ばれる小型の大量発生するものと、クロゴキブリと呼ばれる中型の屋外から舞い込んでくるタイプのものだと思います。

しかし、タイの田舎ではそれとは別のワモンゴキブリと思われる大型のゴキブリが家に現れます。

そしてどうやら、ワモンゴキブリは、家の中で暮らすというよりも、下水溝の中で暮らしているようです。ネットで検索しても、「日本では……」みたいな情報しかないので正確な情報が良く分からないのですが、タイのフェイスブック上で見かけた動画では、このゴキブリは土の中にも巣を作っているようです。

正確な知識はともあれ、大事なのは、「家にゴキブリを入れない!」ということです。どうしたらいいのでしょう。

台所のシンクやシャワー室の排水溝は、とにかく閉じる!

とにかく、ありとあらゆる排水溝をいつも閉じておいてください!

ここからは少し怖い話をします。

先日、日本に二か月帰国し、アルバイトや役所関係の手続きをした時のことです。

チャイプラカーンの我が家に帰ってみると、その後一週間の間に、計12匹が現れました!

どれもワモンゴキブリと思われる大型です。

さらに怖いことに、インスタントラーメンの袋が破られて、中の麺がかじられて欠けていました。日本のように包装がしっかりしているものではなく、少し空気穴が開いている業務用の麺です。(タイ在住の方なら、マクロに売っているAROのインスタントラーメンと言った方が分かりやすいですね)

その当時のうちのシンクは、こんな感じです。 

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190715131825j:plain

台所のシンク

以前に書いたように、私たち夫婦はアリへの警戒を高めていたので、ゴキブリは少し油断していました。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

 

しかし、14匹目を見つけた時に、シャワー室にはめていたアルミ製のふたが外れていることに気づいたのです!!!

日本に帰国してわざわざ100円均一で買った、排水溝のふたが、ゴキブリによって開けられてしまっていたのです!!!

信じられない。

まさか。

でも、何度思い出しても、ふたを開けた記憶はない。

そう、ゴキブリは、排水溝から入ってくるのです。

それ以来、排水溝をとにかく封じてみることにしました。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190715132411j:plain

飲むヨーグルトの容器で完全には排水溝をふさぐ

 

これをすべての排水溝に設置して以来、ゴキブリは現れていません。

ですから、タイの田舎に住む皆さん、もしゴキブリが嫌いなら、排水溝はふさぎましょう。

証拠

実のところ、シンクにボトルを設置してから一度、ゴキブリを見つけたことがあります。

ある日、シンクで米を研ごうと思い、水を流してから、何の気なしにボトルを少しずらしました。

すると。

ひげのようなものが動いている。

シンクの排水溝から、茶色い触覚が。

うわ、やっぱり、ここか。

というわけで証拠を見たのです。

やはり、ゴキブリは下水に住んでいて、排水溝から入ってきます。

ゴキブリを殺す武器

さて、ゴキブリが嫌いな人にとって、武器は大事です。

一撃で殺したい。

そう思うことでしょう。

潰すときの感覚を味わいたくない。

本当にそうです。

そんな私のような方は、これしかありません。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190715133204j:plain

ARSのゴキブリ殺虫ジェット

 

ARSのゴキブリ退治ジェットは、超~強力です。

ある程度、距離を保って発射しても、あるいは「あれ?外したかな?」と思っても、ゴキブリは確実に死にます。

おすすめの距離は、手のひら二つ分くらいの距離から発射です。

発射する時間は1秒くらいで十分です。

自分の安全を保ちながらも、確実にゴキブリが死にます。

ゴキブリがおよそ2秒くらいで悶え始め、動けなくなり、いずれ死にます。

恐怖のおまけ

一度だけですが、ワモンゴキブリがトイレの中から逆流してきたことがあります。

はい。怖いです。

もうやめましょう。

熱帯地域在住でこれを読んだ方は、今すぐ排水溝を閉じましょう!!

役立ちそうな方にはシェアもお願いします!

ほかにもアイデアや知恵がある方はぜひ教えてください。

読んでくださりありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน

チェンマイ県チャイプラカーンのご紹介

皆さん、こんにちは。チェンマイ在住日本語教師、もりすです。

以前にすでにもりすブログを読んでくださっている方はご存じと思いますが、私はタイのチェンマイ県にある、チャイプラカーンという町(Chai Prakan)に住んでいます。

今回は簡単に、チャイプラカーンを紹介します。

本場の北タイの雰囲気を味わいたい人は、チャイプラカーンに遊びにいらしてください。

先に言っておきますが、これといった観光は何もありませんが(笑)。

さて、チャイプラカーンは、ファーンという町から30キロほどのところにある小さな町です。チェンマイ市内からは国道107号線をひたすら北に走ると、チェンダオを越えて、車で計2時間半でチャイプラカーンに到着できます。北の町、チェンライからなら2時間です。

ヒノキランド

チャイプラカーン名物といえば、以前このブログで「ヒノキランド」について紹介しましたが、2019年7月現在もはや人気に陰りが出ています。入場料が高いのが大きな原因と思われます。通りがかるのは簡単ですが、入場することはお勧めしません。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

中国村(熱水糖村)

これまた以前に掲載しましたが、チャイプラカーンと言えば、中国村の存在が独特です。中国語では「熱水糖」あるいは「新村」と書けば、またタイ語ではカタカナ書きすると「バンマイノンブア」と発音すれば通じます。国道107号から曲がった後、車で15分くらいで着きます。とてもローカルではありますが、見に行くと面白い村だと思います。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

バーンスアン

チャイプラカーンで宿泊する場所を、私はここに住んでからの九か月間、見つけられていませんでしたが、最近なかなか良い場所を見つけました。その名も、「バーンスアン」ホテルです。ただ、正しいホテル名は、サイムーンブリーリゾート(Saimoonbury Resort)のようです。英語表記で検索すると、ブッキングコムやトリップアドバイザーで見つけられます。

「バーンスアン」というのは、ホテル付属のレストランの名前です。ここの料理は値段が高めですが、おいしいですし、清潔感があります。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190701120920j:plain

カシューナッツ炒め

一皿150バーツくらいからなので、日本円で一皿500円くらいからですね。チャイプラカーン人からすると、超高いです!チャイプラカーンのレストランの相場は一皿35バーツから、つまり一皿100円くらいからですので。

しかし、それでもタイの田舎での生活経験がない日本人にとっては、まずはこういうレストランに行くのがよさそうです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190701121541j:plain

バーンスアンの店の雰囲気

昼ランチを食べに行くこともできますし、ディナーを食べに行くこともできます。

そして、ホテルに泊まることもできます。

部屋のタイプがいろいろありまして、一部屋一泊最低1000バーツからの設定です。家族用の大きな部屋もあり、値段は3000バーツくらいするものもあります。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190701121946j:plain

バーンスアンのホテル部屋の外観

どの部屋も、日本語で言うコテージタイプです。全部屋、簡単な朝食付きです。

バスタブ付きの部屋もあります。

私の知る限り、チャイプラカーン内ではこのホテルの雰囲気がベストです。

夜はバーもあり、素敵な池が広がっています。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190701122247j:plain

バーンスアンのバーの池

ところで、ファーンに泊まる場合は、一部屋一泊300バーツくらいで、当日泊まる場所を見つけることができます。質素ですが、雰囲気はそんなに悪くありません。選択肢もそれなりにあります。

しかし、チャイプラカーンの場合は選択肢がない(笑)。

やはり田舎なのです。

もしもタイ北部に興味がある方、チェンマイやチェンライだけでなく、チャイプラカーンにも足を運んでみてください。

読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน

タイでスマホを購入する。店頭で買う?ネットで買う?

皆さま、こんにちは。日本語教師もりすです。

今回のテーマは、「タイでのスマホ購入」です。

私自身、二度タイでスマホを購入しました。

外国でスマホを買うときに気になるのが、お得な購入方法だと思います。

日本の場合、正規販売店で買うか、代理店で買うか、家電量販店で買うか、インターネットで買うかなど、いろいろ比較検討される方も多いのではないでしょうか。

それで、タイに長期滞在する方も、「店頭で買うのと、ネットで買うのと、どちらが安いのだろう?」と考えるかもしれません。

今回は、タイでのスマホ購入に役立つ情報をお届けします。

電話回線会社でプランを契約し、同時にスマホを購入する方法

まず、自分がどれくらいスマホを使用するのかで、おすすめの購入方法が変わってきます。

日本でも、○○GBパックみたいな、さまざまなプランがありますよね。月額も、インターネットデータ使用可能限度によって変わってきます。

同じく、タイにも、さまざまなプランがあります。私の場合は、月額299バーツ、1.5GB使い放題、100分の無料通話というプランです。日本円で、月1,100円くらいなので、日本より断然安いですね。

もしも、私と同じくらいしかスマホを使わないという方は、電話回線会社でスマホを買うのをあきらめましょう。

一方で、「月に16GB, 300分話したいよ~」という方は、月額599バーツのプランを選ぶことができます。下の写真の一番左のプランですね。これでも日本円で、月2,200円くらいですから、高くはないですね。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520134900j:plain

タイの電話通信会社DTACのプラン

そして、写真を見るとわかる通り、月額599バーツ、699バーツ、899バーツのようなプランを希望している場合は、その電話回線会社でスマホを購入するのがお得です。

具体例として挙げている写真では、サムスンのギャラクシーA10が、本来4,490バーツのところ、1,690バーツで手に入ります。

比較的新しいモデルのスマホを、いくつかのバリエーションの中から選ぶことができます。アップルが好きな方は、iphoneを選ぶこともできます。

ただし、機種によって月額プランの選択肢が狭かったり、欲しい機種がなかったり、色の在庫がなかったりするというデメリットがあります。

まとめますと、スマホを高い月額で使う予定の方は、電話回線会社をいくつか調べてみましょう。DTACやAIS、TRUEなどが大手です。

インターネットで購入するより、店頭購入がおすすめ

さて、私のように、「月額プランは安くしたい。とにかくSIMフリースマホを安く手に入れたい」という方は、店頭購入しましょう。

「でもインターネットの方が安いんじゃない?」と疑いたくなるかもしれません。しかしタイでは2019年現在、スマホ購入は、まだまだ大手インターネットサイト(LAZADAなど)よりも、店頭購入が主流です。

値段はほぼ一緒です。時にはインターネットが少し安いこともあるかもしれませんが、公式サイトではなく、口コミレビューもいまいちだったりします。しかも、200バーツくらいの違いだけです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520140616p:plain

LAZADAのVIVO公式ストア、V11i(Ram 6GB、Rom 64GBモデル)

ちなみに私が購入したVIVOのV11iは、インターネット上で、7,999バーツがセール価格となっています。モバイルバッテリーを含む、3つの景品が付きます。

口コミレビューも満点で、一見、「インターネットが安い!」と思えます。

しかし、店頭に行ってみるとどうでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520141111j:plain

左側、先ほどと同じV11i、7,999バーツ

「なんと!」

意外にも、店頭でも同じ、7,999バーツで売っています。

元値表記がないのでセール感がありませんが、値段は公式サイトの価格と一緒です。

一応、同じ日に、店頭とインターネットサイトを検索してありますのでご安心ください。

では、モバイルバッテリーなどの景品はどうでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190520141721j:plain

モバイルバッテリー、Bluetoothスピーカー、ヘッドホンなど各種景品

写真の景品を頂けます。中でも、モバイルバッテリー、Bluetoothスピーカー、ヘッドホンは良品で、実際に使えるものです。

まとめますと、タイでスマホを買う場合は、インターネット購入よりも、店頭購入がおすすめです。

タイの携帯電話売り場

タイでスマホを買う場合、それが大きなショッピングモールやスーパーならば、店頭にスタッフがたくさんいます。店に入ると、向こうから必ず近づいてきます。

チェンマイには、セントラルフェスティバルという大きなショッピングモールがあります。そこには携帯屋さんがたくさんあります。

「どの店がお得なんだろう」と悩むかもしれません。

ざっと調べたところ、値段は一律のようです。実際、「二台買うから安くして」と言ってもうまくいきませんでした。

それで、どの店で買うかを決めるのは、感覚に頼っていいと思います。

店頭で買うメリットのひとつは、画面フィルムをきれいに貼ってもらえることです。

そのことを踏まえて、親切そうな店員さん、器用そうでお客さんにそれなりに慣れていそうな店員さんを見つけて、その人から買うのがいいでしょう。

安すぎるスマホはやめよう

タイのスマホは日本に比べるととても安く、VIVOOPPOHUAWEIなど中国製が主流になっています。

中には、「そんなに使わないし、安いのにしよう」と考えている方もいるかもしれません。

でも、できれば、5,000バーツくらいの機種はやめておきましょう。

実は私は2018年3月に、OPPOの廉価モデル(Ram3GB,Rom32GB)を買いましたが、2019年3月に突然起動しなくなりました。

タイに住む人たちの話によると、どの会社のスマホも、安いモデルは壊れやすいようです。

ですから、せっかくなら、8,000バーツ以上のモデルを買うことをおすすめします。

ちなみに今のところ、V11iは使いやすく、おすすめですよ。

というわけで今回は、「タイでのスマホ購入」について書きました。

この情報が皆さまのお役に立てば、うれしく思います!

読んでくださり、ありがとうございました。

เพิ่มเพื่อน