日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

分かりやすい日本語を書こう その2

皆さん、こんにちは。チェンマイ在住、日本語教師もりすです。

今回は、「分かりやすい日本語を書く」ことについて、久しぶりに投稿してみようと思います。少しマニアックな内容ですし、人によって日本語へのこだわりは違うと思いますが、わかりやすい日本語を書く上で参考になればうれしく思います。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200317143256j:plain

今回の題材は最近、アメリカのプロバスケットNBAに関して見つけた記事です。該当部分だけ引用します。

https://www.nbcsports.com/boston/celtics/watch-chris-paul-calls-out-privileged-fan-celtics-thunder-game

Chris Paul took offense to something a teenage kid sitting courtside yelled at him. CP called him privileged. And then during the free throws CP came back and introduced himself before repeatedly telling the kid to put some respect on his name. Well said.

そして、この記事の翻訳がYahooにも掲載されていました。

https://www.nbcsports.com/boston/celtics/watch-chris-paul-calls-out-privileged-fan-celtics-thunder-game

「CPはコートサイドに座っていた10代の青年が怒鳴ってきたことに不快感を示した。CPは彼を『優遇されている』と言った。それから、フリースローの間に戻ってきて、自分の名前に敬意を払うように言う前に、自己紹介をした」

CPというのは、NBA選手クリスポールの略称で、文脈を読めば分かるので良いと思いますが、それ以外に、2つ意味が分かりにくい部分があります。

 

その1。CPは彼を「優遇されている」と言った。

彼を~と言う。ここが、まず少し苦しい翻訳だと思います。

に「○○は~」と言う。あるいは、のことを人だと言う。こういった言い方のほうが自然で読みやすい日本語になります。

例えば、CPは彼に「君は優遇されている」と言った。あるいは、CPは彼のことを優遇されている人だと言った。

構文としてはこのほうが多少ましです。

しかしながら、「優遇」、これがまたイメージしにくいです。

確かに、英語のprivilegeは日本語に訳すのが難しい言葉のひとつです。

文脈に応じて、思い切った意訳が必要だと思います。

例えば、このバスケットの文脈で言うなら、このprivilegeは自分でチケットを買ったわけではなく親の金でコートサイドに座っている、という意味ですので、以下の訳の方が分かりやすいように思います。

CPは彼に「君は恵まれているね」と言った。

CPは彼のことを苦労知らずな男だと言った。

 

その2。フリースローの間に戻ってきて、自分の名前に敬意を払うように言う前に、自己紹介をした。

すっきりしない文章です。

なぜなら、日本語の場合、時系列で3つの出来事を表現する場合、このような語順にはならないからです。

「自分」、「ように言う」という言葉も文章を難しくしています。

「名前に敬意を払う」もやや難しい。

まず文章の語順だけ直すなら、以下のようになるでしょう。

フリースローの間に戻ってきて、自己紹介をした後、自分の名前に敬意を払うように言った。(過去から現在に近い出来事を順番に言って、強調したいことが最後に来る

自分の名前に敬意を払うように言う前に、フリースローの間に戻ってきて、自己紹介をした。(一番強調したいことを最初に言って、その前の出来事を過去から現在に向かって順に言う

 

ここまでの2つの日本語のポイントを踏まえて、すっきり訳したいなら、以下のようにできるかもしれませんね。

「CPはコートサイドに座る10代の男たちに挑発され、『君たちは恵まれているね』と言って不快感を示した。その後フリースローの時にコートサイドにもう一度近づき、男たちに自己紹介をしてから、「人の名前に少しは敬意を払いなさい」と言った。素晴らしい」。

 

いくつか細かな部分も変更しました。

例えば、「~してくる」は使い時を間違えると、文章の理解のじゃまをします。

「戻ってくる」は、この文脈では「コートサイドにもう一度近づく」のほうがわかりやすいと思います。「怒鳴ってきた」という主観ありきの表現と、「不快感を示した」というやや客観的な描写を両立させることもあまりおすすめできません。

「自分の名前」という部分も、「人の名前」という言葉を使い、CPのいらいら感を一言で表現します。

 

日本語という言語は、言葉の流れや文末の終助詞で雰囲気が大きく変わりますよね。

主語はなるべく出さず、文章の雰囲気を伝えることができると、自然で読みやすい文章になると思います。

では、また「分かりやすい日本語」について、いつか時間を見つけて書きたいと思います。

長い文章読んでくださりありがとうございました(^^)/

タイにおけるコロナウイルス対策

大変ご無沙汰しております。タイのチェンマイ在住、日本語教師もりすです。

皆さん、お元気でお過ごしでしょうか。

私たちは今のところ元気です。

2020年2月27日現在、タイにおけるコロナウイルス感染者は40名と報告されています。タイにおけるコロナウイルスの状況について詳しくは以下のタイ保険省サイトで説明されています。

https://pr.moph.go.th/?url=pr/detail/2/04/139206/

保健省の報告から、日本人に関係する部分を抜粋すると、「日本からタイに入国した日本人は14日間、自宅やホテルで症状を観察すること」をお願いするという内容です。

これは、タイに長期滞在する日本人にとっては仕方ないですが、短期滞在する日本人にとってはかなりショックの大きい情報ですね。観光に行きたくても、外に出るに出られないという状況です。

では、私の住むチャイプラカーンはどんな状況でしょうか。

以前の記事に書いた通り、チャイプラカーンには中国村があります。そこに住む中国人の多くが、特に若い世代はほとんど、普段はチェンマイ市内やバンコクプーケットなどで、中国人観光客相手に仕事をしています。ツアーガイドや貿易、通訳といった仕事です。しかしながら、現在コロナウイルスの影響でタイに来る中国人観光客が激減し、チャイプラカーンに住む多くの中国人が仕事を失っています。その結果、若い人たちも家でのんびり昼間からお酒を飲んだり、麻雀をしたり、夜遅くまでカラオケをしたりと田舎暮らしを楽しんでいます。こんな時、ストレスがたまるのは、奥様達ですね。日本もいずれ男たちが行き場を失い、似たような状況になるのかもしれません。

では、地元のタイ人はどんなコロナ対策をしているのでしょう。

チャイプラカーンなど、タイ北部の田舎に住むタイ人は基本的にマスクをしていません。逆に言うと、お店に行くと意外と多少マスクが売っていたりします。2月6日の時点でマクロでも見つけました。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200206143421j:plain

子供用マスクではあるが、マスクが売ってる

 

ただ、一人ひとつ、しかも約500円。高いですね。

私たち夫婦も地元タイ人の多くに倣い、ほとんどマスクをつけることはありません。その代わり、殺菌に励んでいます。

タイで殺菌するには何がいいのでしょう。コロナウイルスを消毒できますか。

もちろん大前提として、せっけんやハンドソープで手を頻繁に洗うことが大事ですよね。

しかし、田舎にはそもそも手洗い場所が非常に少ないです。レストランでさえも、そんなに衛生的ではありません。

そこで。

水がなくても洗えなきゃいけない。

ということで。

日本や中国やタイのいろいろな情報を検索し、至った結論は、コロナウイルスにはエチルアルコールに効き目がある。

では、タイにエチルアルコールは現在も売っているのでしょうか。

はい、まだまだたくさん売っています。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200222180006j:plain

ファーンのワトソン

左側二つがエチルアルコールです。大きめのボトルのほうがおよそ200円。すでにアルコール70パーセントになっているので、希釈せずに直接手につけて使えます。

右側にある、デトル(Dettol)の消毒液について言えば、コロナウイルスに効き目があるのか、まだ不確かなようです。ただ、タイのお店の床清掃などでよく使われていて、大腸菌なども殺せる強力洗剤です。

うちが使っているのはこれ。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20200220224620j:plain

エチルアルコール

地元の薬局で手に入ります。これもエチルアルコール70パーセント

「タイに住んでいるんだけどタイ語が苦手」といった方がいらっしゃいましたら、当サイトの写真を見せれば、どこの薬局のタイ人もきっと助けてくれますよ!

それに、手を殺菌するジェルタイプのものも、つい最近ファーンで見かけるようになってきました。売っているものはちょっと大きめのサイズではありましたが、ジェルタイプも便利ですよね。「ジェルが欲しいんだけど、市内には見つからない!」という方、ファーンのマクロまでドライブしてみてください。

以上、今回はタイにおけるコロナウイルス対策でした。

ちなみに今はタイよりも日本が怖い。しばらくタイにいようと思います。

読んでくださり、ありがとうございました!

チェンマイからバンコクまで車で移動してみた

皆さんこんにちは、チェンマイ県在住の日本語教師もりすです。

今回のテーマは、チェンマイからバンコクまで車で移動することについてです。

北タイからバンコクまで車を運転しようという人に役立てていただきたいと思っています。

これまでは私、飛行機やバスで移動したことはありましたが、自分で車を運転して移動したことはありませんでした。

なぜなら、単純に遠いからです。

距離にして約700キロメートル、移動時間にして約9時間。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20191025183554j:plain

チェンマイからバンコクまで車で移動

では実際に運転してみるとどんな移動時間になるのか。

私の場合は、朝5時チェンマイの北側にあるメーリムから出発しました。

運転手は妻と私の二人で休憩ごとに交代です。

国道11号線沿いで朝7時過ぎにお手洗い休憩、

国道1号線沿いで朝9時過ぎに再びお手洗い休憩、

国道1号線の単調な道が続き、午前11時ごろに再び休憩。

また単調な道が続き、午後1時ごろにナコンサワンの街に到着。

ナコンサワンでご飯休憩。

ナコンサワンには大きめのビッグCやテスコがあり、市内には日本食のお店もたくさんあります。私たちはサワンパークと呼ばれる大きめの公園の近くの日本ラーメンを食べました。普段タイの田舎で日本食が食べられない私たちにとっては、十分美味しい味噌ラーメンでした。(ちなみに写真は当店のフェイスブックから拝借して載せましたが、TONKATSUというのはTONKOTSUのことですね。タイ語は正しく表記されています。日本語ってややこしいですね。)

f:id:morris-is-japanese-teacher:20191025185452j:plain

ソイラーメンのラーメン

チェンマイからバンコクに車移動される方には、ナコンサワンが休憩場所としておすすめです。国道からそれほどずれずに休めます。ただ、ナコンサワンのビッグCは駐車場がかなり混雑しますのでお気をつけください。

午後2時すぎにナコンサワンを出発し、再び単調な1号線のドライブが続きます。

ガソリンスタンドはあるんだろうか。

お手洗いはあるんだろうか。

そんな心配があるかもしれませんね。

見つけたら迷わず早めに入っておきましょう。

国道沿いにガソリンスタンドとお手洗いがあるにはありますが、多くもありません。

ナコンサワンからしばらく走ると、少しずつ分かれ道が現れます。行先によって道を選ばなければなりません。私たちは32号線に入り、午後4時すぎに、もう一度お手洗い休憩。

その後は一気にバンコクの目的地に向かい、到着は午後7時くらいだったと思います。

つまり、チェンマイからバンコクの車移動の場合、午前6時から午後7時をイメージすれば、ある程度の休憩も取りながら移動できます。所要13時間ですね。

私たちの場合は、たくさんの荷物を運びながらの運転でしたので、常時時速80キロほどでしたから、人によってはもっと早く移動される方もいるかもしれません。

ここで、ひとつ注意点。

バンコクに入るころには有料道路が存在します。

東京を運転したことがある人なら問題ありませんが、田舎でしか運転したことがない人はどうしていいのか迷うくらい、車線がいっぱいあります。あせらず、ほかの車にならい、集金所でお金を払いましょう。皆、ETCはありませんので、現金払いです。値段は忘れましたが、さほど高くはありません。

さて、ここで話を戻し、これまで私が自分で車を運転してバンコクまで移動しなかった理由の2つめなんですが、車よりも、飛行機やバスの方が安い気がしていたからです。

実際のところ、費用はどうなのか。

チェンマイからバンコクまで、飛行機だと往復でだいたい一人7000円くらい。もちろん時期にもよりますが。

バスだと往復でだいたい一人6000円くらいですね。

じゃあ車だとどうなのか。

ディーゼル車のマニュアルギアのピックアップトラックで移動した場合、ガソリン代が往復でだいたい12000円くらい。二人で移動するなら、一人当たり6000円くらいということになります。

全体的な感覚としてはどうかと言うと、意外と、運転もあり

何を重視するかですね。

早さなら飛行機。でも荷物はほとんど運べない。

値段と荷物ならバス。でも時間はかかる。

自由さなら車。でも気力は必要。

ちなみに、私たちは旅の帰りにスコータイに寄って帰ってきました。海はないですが、ちょっとしたリゾート気分が味わえるホテルもあります。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20191025192844j:plain

スコータイ トレジャー リゾート&スパ

今回は、チェンマイからバンコクまでの車旅行についてでした。

長い文章読んでくださり、ありがとうございます!

もしもタイ国内でのドライブについて面白い体験談などありましたら、コメントお寄せください(^^)/

เพิ่มเพื่อน

日本語で日本語を教える(直接法)

こんにちは、日本語教師もりすです。

今回は、外国語話者に日本語を教えることについてまとめてみます。

特に、教える側が生徒の母語を理解できる場合についてです。

言い換えれば、もしあなたが中国語を話せるなら、中国語話者にどのように日本語を教えられるでしょうか。

もしあなたが英語を話せるなら、英語話者にどのように英語を教えられるでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190906143359j:plain

学習者の言葉を理解する教師

外国語を学ぶためにも、この記事から上達のヒントが得られるかもしれません。

 

直接法と間接法

さてまず初めに、外国語教育について興味のある方であれば、直接法間接法という2種類の教授法をご存じかと思います。

直接法とは、例えば日本語を日本語だけで教える、英語を英語だけで学ぶ、というようなことです。絵やカード、慣れてくれば教科書の文章を使って、目標言語だけで会話して教授あるいは学習します。

一方、間接法とは、例えば英語を使って日本語を教える、英語を日本語の文法説明で学ぶ、というようなことです。日本の多くの公立学校の英語教育がこれに当てはまります。

それぞれの学習法にメリットがあります。

直接法を使えば、学習者は目標言語を使って考えるので、話す時も母語で考えずに目標言語を即座に使いやすくなります。例えば、りんごの絵を見て、「これは何ですか」「りんごです」という会話をします。英語話者にAppleという単語を思い起こさせません。

間接法を使えば、学習者は文法の細かなニュアンスをつかむことができます。例えば、「これは何ですか」という日本語の文章を、英語を使って説明します。

Japanese grammar is something like “This what is”, in order to express the idea of “what is this?” You can focus on the order of Japanese subject and verb.

私の場合は、日本語を日本語で教える直接法を使っています。

さらに、自分が外国語を学ぶ時も、極力、直接法で学びます。例えば中国語を中国語で、タイ語タイ語でという感じです。

直接法で気をつけなければならないこと

外国語を習得するにあたって、これが絶対正解という道はありません。

しかし、無駄な道と思われるものはいくつかあります。

その典型的な例が、直接法で教えているのに、不要な場面で学生の母語を使ってしまうことです。

例えば、日本語を使って日本語を教えているのに、急に中国語を使ってしまうと、中国語が母語の学習者は頭の中で中国語で考え始めてしまい、混乱しますし、伸び悩みます。

では、直接法で教える上で、大切なのは何でしょうか。

学習者の不断の努力と、教える側の忍耐力です。

忍耐力はどのように示されるでしょうか。

直接法で教授すると、学習者が言いよどむ場面に何度も直面します。

頭には伝えたい概念が浮かぶのですが、適切な日本語が見つからない場面です。

例えば、学習者が「羨ましい」という概念を言いたいとしましょう。

学習者:「えーと、あの、何でしたっけ、彼がとても上手ですごいから、私はえーと、彼を、んー」。

ここで、「あー、envy?」とか、「羡慕他?」とかすぐに教えると伸びません。「羨む?」と日本語で答えをすぐに教えるのも最善とは言えません。

一番いいのは、忍耐です。学習者の判断を待ちます。

待つと、ある生徒は言い換えを行います。

学習者:「彼を、んー、彼みたいになりたいです」。

ここで学習者を褒めます。「うん、よく伝わりますよ」。だって実際、ほぼ同じ概念を伝えられてますから。しかし、教える側は「羨む」とメモしておきます。そして、一連の会話が終わってから確認します。「先程は、羨むということを言いたかったのかな?你羡慕他?」。この方法を使うことで、学習者の脳の中では、「羨むとは、彼みたいになりたいと思うこと」という自分なりの日本語辞書ができあがります。忍耐が生み出すのは、学習者の頭の新しい回路です。

待つと、別の生徒は辞書を調べます。

学習者:「えーと、ちょっと待って」。

学習者:(辞書を調べ)「あ、見つけました、彼を羨みます」。

このタイミングで教師は、「おー、なるほど、彼のことが羨ましいんですね?」と正しく繰り返します。「はい、彼のことが羨ましいです」。忍耐によって、生徒の努力が引き出され、努力の結果を修正してあげることで学習者は覚えます。このタイプの生徒の場合、もう一度確認してあげると伸びやすいです。

教師:「どんな時に誰かを羨ましくなりますか」。

学習者:「えーと、あ、分かりました、はい……」(説明を始める)

会話の中で、この学習者は高い確率で「羨む」の使い方をマスターします。

待つと、さらに別の生徒は質問してきます。

学習者:「先生、羡慕、何と言いますか」。

教師:「羨むですね」。

学習者:「羨む、そうそう」。

このタイプの生徒は、授業後に復習するタイプです。先生との会話で時間を有効に使いたくて、元々自分が知らない単語については即座に答えを質問します。こういう生徒にはすぐに教えてあげると、生徒がとても喜びます。その代わりに、宿題として、「羨む」を使った文章を作ることを出すなら、有効です。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190906143509j:plain

日本語初級学習者

教師はどのタイミングで学習者の言語を使うか

初級の日本語学習者に日本語を教える場合、ありがちなのが次のような会話です。

教師:「こんにちは。お元気ですか?」

学習者:「こんにちは、先生。元気です。先生は?」

教師:「私も元気です。我也很好」。

学習者:「うん」。

教師:「では、今日はですね、この内容を……」。

途中に何げなく挟んだ中国語がいただけません。教師としてはおそらく、学習者にリラックスしてほしいだけなんですが、学習者からすると、せっかくの日本語での一連の会話に中国語が混ざってしまいました。

直接法において大事なのは、目標言語における自然な会話の流れを体験することです。

実のところ、もし仮に学習者が「私も元気です」の意味を理解しなかったとしても、問題ありません。(そんなはずはないでしょうが、仮にです)。

大切なのは、学習者が、「先生は?」と質問したら「私も元気です」と答える流れを学ぶことです。この思考の過程において、母語は必要ありません。

少しレベルを上げて考えてみましょう。

教師:「日本に行ったことがありますか」。

学習者:「はい、2回行ったことがあります」。

教師:「どこに行きましたか」。

学習者:「えーと、東京(とうきょー)と、んー、大阪(DaBan)。関西の」。

教師:「そうなんですね。そこで、何をしましたか」。

学習者:「東京タワーとか動物園とか。えーと、たこ焼きを食べました」。

教師:「へぇ、たこ焼きは東京で食べましたか?それとも、大阪(おおさか)で食べましたか」。

学習者:「そうそう、大阪(おおさか)です。大阪の食べ物がおいしかったです」。

 私のこだわりは、学習者が中国語を混ぜたタイミングで、すぐに翻訳してあげずに、日本語の会話を続けることです。

目的は、学習者の頭の中をなるべく「日本語脳」に保つためです。

これは意外と、教師の決意と忍耐力が必要です。

イメージはとにかく直接法のメリットを生かすことです。

教師は学習者の頭を翻訳するのではなく、できるかぎり、学習者が教師の発言から日本語を思い出すように仕向けます。

直接法における、本物の日本語教師と一般の日本人との違いは、学習者との日本語の会話の中で、どれだけ学習者の頭の中をイメージできるかどうかではないでしょうか。

この一連の中で教師は、「大阪(DaBan)とは大阪(おおさか)のことです」とは一言も言っていません。これもポイントです。

教師が学習者の言語を理解できる場合、学習者の悩みを目標言語でいかに解決してあげられるかに注意を注ぐとよいと思います。

決しておすすめしないのは、即座に学習者の言語を翻訳してしまうことです。

それをしてしまうぐらいなら、直接法はやめましょう。あるいは、教師が学習者の言語を理解できないほうがましだと思います。

直接法で新たな言語を学ぶには

ここからは自分が学習者になって、直接法のメリットを当てはめてみましょう。

どうすれば効率よく直接法で学べるでしょうか。

大事なのは、学習者の不断の努力と、教える側の忍耐力ですから、学ぶ側の個人学習が欠かせません。

レッスンの時に文法や単語を学ぶのではなく、レッスンの前に予習し覚えます。そして覚えた表現をレッスンで試します。教師に直された場合は、復習し、正しい形式で覚え直し、次のレッスンで教師に再確認します。

それに加えて、教師選びです。

直接法で教えたことのある先生を選びましょう。

言語がうまいかどうかは、さほど重要ではありません。

しかし、教師のコミュニケーション能力は大切です。

普通、教師が質問をしながらレッスンを主導するからです。

さらに、生徒がする質問に快く答えてくれる教師がいいですね。

それは文法とかそういうたぐいの質問のことだけではありません。

「先生は何が好きですか。どんな人が好きですか。好きな映画は何ですか。昔の地元はどうでしたか」。

こういう種類の質問で、会話が盛り上がる先生でないと、直接法の場合、大変苦労します。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190906145032j:plain

マンツーマンレッスン

直接法の詳しい説明

直接法について詳しくまとめられた本が出版されています。もしよかったらご参考ください。

また、「直接法的な方法」というキーワードで検索すると、今回の内容と似た注意点が説明されています。

長い文章読んでくださり、ありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน