日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

日本食はチェンマイでも大人気(チェンマイ滞在記)

皆さん、こんにちは。

タイのチェンマイ日本語教師をしている、もりすです。

日本の外で、日本食以外のものをずっと食べていると、日本食が恋しくなりますよね。

チェンマイに滞在している私は、外ではタイ料理(主にパッタイ)を食べて、家では妻が作る日本食を食べて生活しています。

日本米がやっぱりおいしい

タイ米を食べたことはありますか。

もしかしたら昔、日本でお米がとれなくなった時期に、タイ米にお世話になった記憶があるかもしれませんね。

タイ米と日本米は、まったく別物です。米の形、大きさ、香り、味、食感など、とにかく違います。

チャーハンにはタイ米が合うと思います。パラパラしていて、炒めるとおいしくなるからです。

しかし、白米として食べるなら、日本人はやはり日本米が恋しくなると思います。甘みや柔らかさが、日本米にしかない独特の良さですね。

さて、タイでも、日本米は比較的簡単に手に入ります!

なぜなら、タイの大手スーパー、「マクロ(Macro)」に売っているからです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819164543j:plain

こちらのササニシキ、5キロで250Bahtsほどです。つまり、日本円で900円しないくらいですね。

味はどうかというと、めっちゃおいしいです。

ただし、炊く時には、ミネラルウォーターをお使いください。タイの水は基本的においしくないです。

おススメは、米を研ぐ時に最初に使う水と、炊く時に使う最後の水を、必ずミネラルウォーターにすることです。

特に、渇いた米が最初に水に接する時、水をよく吸収しますので、最初の水は必ずミネラルウォーターにしましょう! 

納豆もチェンマイで手に入る

おいしい白米を食べると欲しくなるのは、納豆かもしれません。

納豆だってチェンマイで手に入ります!

「トップス(Tops)」や「リンピン(Rimping)」で売っています。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819170101j:plain

ちなみに、こちらTSUBAKIさんの「ミニ納豆」は、ひとつ15Bahtsで手に入ります。つまり、日本円でひとつ50円くらいですね。

この「ミニ納豆」は、チェンマイでは安いタイプの納豆です。十分おいしいと思いますよ。

ほかの納豆はもう少し高くて、3つで100Bahtsくらいのものもあります。

納豆は、日本で買うのに比べると少し高いですね。

外で日本食を食べたい場合は居酒屋もある

自分で作るのは少し面倒だったり、キッチンがなかったり、時間がなかったりする方もいると思います。

でもご安心ください。

居酒屋もあります!

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819170919j:plain

例えば、こちらの写真は、「ガガガ咲か場」という居酒屋です。

どんなメニューがあるかというと……

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819171152j:plain

写真のメニューをご覧いただけるとお分かりになるかと思いますが、決して高くはないです。定食でも100Bahts程度、つまり日本円で350円ほどです。

味はどうかというと、なかなかおいしいです。このお店は料理の提供も早いですよ。

日本食が恋しくなったら訪れてみてください。

日本食のビュッフェレストランもある

タイ料理は、どのレストランもカフェも、量が少なめという特徴があります。

それで、日本食をとにかくたくさん食べたい、という時もあるかもしれませんね。

そんな時は、日本食のビュッフェレストランに行ってみてはいかがでしょうか。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180819172315j:plain

こちらのお店は、「大和(YAMATO)」というビュッフェレストランです。

チェンマイの地元のタイ人にも人気で、夜は混雑しています。

寿司や天ぷら、うどんやそば、刺身など、さまざまな日本食が食べ放題です。

味はタイ人向けですが、でも刺身など、食材のままのものは日本と同じ味を楽しめます

値段は一人450Bahtsです。つまり、日本円で1,600円くらいですね。

たくさん食べる人にとっては、かなりおススメのお店です。

というわけで、チェンマイには、日本食を食べる環境が整っています。

チェンマイ、なかなか便利な場所ですね!

安くておいしいタイ料理といえば、パッタイ(チェンマイ滞在記)

タイのチェンマイについて体験した事を徒然なるままに書き連ねよう

 

皆さま、こんにちは。

日本語教師の、もりすです。

私のブログは主に、中国語やタイ語や日本語について書こうと思っています。

しかしながら、「にほんブログ村」さまから、「海外生活ブログーチェンマイ情報」というサブカテゴリ―設定のご連絡をいただきました。

これを機に、チェンマイ生活で体験している事も書こうと思い始めた次第です。

チェンマイはどんな場所でしょうか。

まずは、山(ドイ・ステップ)から撮影した写真をお載せします。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180817115630j:plain

日本からチェンマイに移住

私は2018年の春からタイのチェンマイに移住しています。

人生で初めての、日本以外の国での生活です。

皆さまは、日本以外の国で生活したことがありますか。

これからいつか移住しようと考えている方、今すでに外国に滞在している方、ご高齢の親がいて暮らしやすい場所を探している方、などなど私のブログを参考にしていただければうれしく思います。ぜひぜひ読者登録よろしくお願いいたします!

さて、チェンマイがどこにあるか、ご存じですか。

簡潔に言うと、タイの北部にあります。

バンコクから北へ約720キロメートル、わかりやすく言うと、バンコクから飛行機で1時間20分くらいでたどり着く場所にあります。

残念ながら、2018年8月現在、日本からの直行便はありません

日本からチェンマイに行くには、バンコク経由か、もしくは韓国経由や香港経由などの方法を取ることになります。

タイと言えば「海!」という方もいるかもしれません。

ですが、チェンマイには海がありません。

代わりに山があります。

そして、いろいろな魅力があります!

そのうちのひとつが、安くておいしいタイ料理です。

安くておいしいパッタイ(Pad thai)

タイ料理といえば、何が思い浮かびますか。

トムヤムクン

グリーンカレー

最近は日本でもタイ料理フェアが開催されたりしますね。

少し都会に住んでいる方などは駅前にタイ料理屋さんがあったりするかもしれません。

タイ人の中には、トムヤムクンが世界一おいしい料理だ、と自信をもって言う人もいます。が、私は残念ながら、酸っぱいものが大嫌いで、トムヤムクンの酸味が食べられません。ソムタムという比較的有名なタイ料理もありますが、それも食べられません。(ちなみに寿司は大好きです。酢を使ってますけどね。)

そんな私が愛してやまないタイ料理が、パッタイです!

英語では、Pad thai

タイ語では、ผัดไทย

読みはどれも同じく、パッタイです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180817123633j:plain

パッタイはまだ食べたことがない、という方もいるかもしれませんね。

写真では見えないかもしれませんので、一応説明しますと、基本的には麺料理です。麺を数種類の具材と炒めて、ナッツをトッピングし、お好みでライムを上から掛けます。

日本の冷凍食品のパッタイを食べてイマイチだったという方もいるかもしれません。

しかし、タイのパッタイは、おいしいです!

辛くもなく、酸っぱくもありません。あっさりとした味付けです。

豚肉、鶏肉、海鮮など具材も選べます。

チェンマイでの相場は、安い屋台で40バーツ、カフェで70バーツくらいですね。

ざっと一皿140円から280円くらいで食べることができます。

ぜひチェンマイパッタイ、ご賞味ください!

 

 

 

「中国語(北京語)」の学習法

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180812151538j:plain

皆さん、こんにちは。

今回は、中国語(北京語)の勉強を始めてから1か月がたった時におススメの学習法をシェアしたいと思います。

初めて私のブログを見てくださっている方の中には、「え? じゃあ最初の1か月は何をしたらいいの?」と疑問が浮かぶ方もいるかもしれません。それで、学習を始める段階の方は、下記のリンクの記事をまず見ていただければ、大変うれしく思います。

morris-is-japanese-teacher.hatenablog.com

1. 「反射」を最大限活用する

2. 中国語を実際の状況と絵と中国語で覚える 

 1. 「反射」を最大限活用する

中学校の理科の授業で「反射」という言葉を勉強した記憶がありますか。

大脳が指示をする前に体が無意識に行っている反応、のことです。

例えば、熱いアイロンに触ったら、考えるまでもなく手がすぐに離れますよね。「反射」とは、その即座の反応のことです。

さて、外国語の学習においても、この「反射」の機能を意識することが大切と思います。

例えば、誰かに日本語で「おはようございます」と話しかけられたら、とっさに「おはようございます」と返すのではないでしょうか。

この会話においては、もちろんいくらか脳を使ってはいるものの、ほとんど使っておらず、いわば「反射」の状態といえるでしょう。

しかしながら、外国語を学習するとき、いわゆる「反射」を利用しない方がいます。私自身、英語を学ぶときに「反射」を使わずに、代わりに脳にいつも頼ってしまっていました。

では、「反射」と、脳に頼る会話との、大きな違いはなんでしょうか。

それは、会話における疲れ具合の大きさです。

中国語の具体例で考えてみましょう。

あなたが、ある中国人に「你早」と話しかけられたとします。

あなたは頭の中で、「你早って、えーと、おはようの意味だったな」。

「じゃあ何て返そうかな、天気がいいですね、いや、ここはやっぱり、おはようのほうが無難かな。おはようは、中国語で、你早、よし、いくぞ」。

この思考を頭の中で即座に処理して、やっと声に出して言います。「你早」。

少し極端な例ではありますが、もう少し複雑な会話をするときには、頭の中でかなり思考を巡らしているイメージを抱くことができると思います。

結果、どうなるか。

めちゃめちゃ疲れるんですよね。5分中国語を話しただけで疲れる、という状態が数年続いてしまう危険があります。

では、どうすれば「反射」を活かすことができるのでしょうか。  

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180812164358j:plain

2. 中国語を実際の状況と絵と中国語で覚える

まず、ピンインを覚える段階も同じですが、中国語会話を一人で習得することはおススメしません。

なぜなら、発音がうまくならないという理由もありますが、一番の理由は、会話において「反射」を訓練する状況が作れないからです。(中国に在住の方は、日常に練習の機会がたくさんありますので、一人でも習得できると思います。)

参考までに、私の場合は、中国人の先生とのマンツーマンレッスンで中国語を覚えることができました。

最初の1か月はひたすらピンインを教わりました。bo, po, mo, fo, de, te, ne, le……を暗記します。

ピンインをすべて正確に覚えてから、いよいよ会話の学習を始めるようにしました。

さあ2か月目です。

ここから私が先生にお願いした授業方法は少し独特なんですが、「中国語で授業をすること」です。最初のうち、もちろん何を言っているかほとんどわかりませんが、それでいいから中国語で授業を行ってほしい、と。

使ったテキストは、北京語言大学監修の「中国語会話301(上)」です。

 

さて、その教科書で最初に学ぶのは、「你好」「你好吗?」「很好」という基本あいさつですが、この時点で決して日本語は見ません。

①先生と会話練習をして発音を覚えます。「很好」は難関かも?

②教室に入っていく場面をやってみたりして、使い方を体で覚えます。

③教科書の絵に注目して、さらにイメージ力を高めます。

④説明文などを先生に読んでもらいます。もちろん中国語です。 

この学習法は、ほかの人の学習方法に比べて、進むスピードが遅く感じるかもしれません。でも、あせりは禁物です。単語や会話力は、着実に増やし高めていけばいいのです。

実は、カタカナで覚えて後で苦労するよりも、ずっと効率的なのです。たとえ「很好」の発音に30分かかってもかまいません。しっかり中国語の音に慣れましょう

これが、2か月目の学習法です。

次回、中国語の会話学習の続きをシェアしたいと思います。

読んでくださってありがとうございました!

英語、中国語、タイ語、あなたにぴったりの学習法は?

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180805195011j:plain

 

英語、中国語、タイ語、あなたにぴったりの学習法は?

 

自分にぴったりの外国語学習方法を考えたことがありますか。

もし今それを考えているなら、素晴らしいことです。

新しい外国語の勉強に取り組むに、まず学習法を見直す。

これはとっても大事です。

どの外国語の習得も決して簡単ではないですよね。

私も英語、中国語(普通語)を学び、現在はタイ語を勉強中ですので、外国語学習の苦労を知っているつもりです。

そんな私がこのブログを書こうと思ったきっかけは、いろんなお友達に語学習得のコツを聞かれるからです。

さらに、2017年の冬に「日本語教育能力検定試験」を受けたことで、今まで自分が行ってきた言語学習方法のメリット・デメリットを客観的に考えられたからです。

この記事の要点を簡潔にまとめると、 

国語学習に大切なのは、ぴったりな学習法を見つけることです!  

(ちなみに、何かを売りたいとか商業目的ではないですので、安心して気軽に以下をお読みになっていただけたらうれしいです。)

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180805195107j:plain

なるべく苦労せずに言語を習得する方法 

ぴったりな学習法と一言で言っても、

どの言語でも同じ学習法で良いかというとそれは違います。

例えるなら、スポーツを習得するときに、どのスポーツでも同じ方法で練習するかというと違いますよね。

野球、サッカー、テニス、水泳……

それぞれ練習法は異なります。

しかも同じ野球でも、ピッチャーなのかキャッチャーなのかなど、目指す役割によっても練習法は違うように、言語習得も目標設定によって学習法が違ってくるのは当然です。

では、中国語、英語、タイ語の学習を経験して学んだ学習法をシェアしますので、皆さんにとってぴったりの学習法ぴったりの言語を見つける参考にしていただきたいと思います!

まず第一弾は、「中国語(北京語)」の学習法をシェアいたします。

  1. 学習方法の大切さ
  2. 「三日坊主」の考え方
  3. 狭き門、しかし最終的にはストレスフリーなコミュニケーション
1. 学習方法の大切さ

私にとって一番好きな言語は、中国語です。

なぜかというと、

漢字を使った言語だから?

声調(四声)があって音楽みたいだから?

中学生時代に漢文が得意だったから?

どれも嘘ではありませんが、一番の理由は違います。

一番の理由はというと、そう、学習法が良かったのです。

もし中国語と同じ方法で別の言語を学んでいれば、その言語を一番好きになっていたかもしれません。

 

中国語を始めた時の私の目標は、

「中国語のコミュニケーションを、疲れることなくスムーズに行えるようになること」でした。

外国語を話すときに、頭の中で一生懸命あれこれ考えちゃって、けっこう疲れ果ててしまった経験はありませんか。

しかも、頑張った割にはスムーズに話せず、相手とコミュニケーションがうまく図れないとか。

そんな経験を繰り返すと、言語学習を継続していく意欲がなくなってしまいますよね。

だからこそ、学習法は本当に大事です!

 

2. 「三日坊主」の考え方

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180805195153j:plain

「三日坊主」

語学の習得を目指すにあたり、この表現が頭によぎるかもしれません。

確かに、勉強に飽きてしまい長続きしないことは、誰にでもありえます。

でも少し考えてみましょう。

あなたは、新しい言語の学習を始めてから、どれくらい経過すると飽きますか。

 

どうですか。

もしかすると、はっきりと具体的な数字は浮かばないのではないでしょうか。

例えば、日記だとか、禁煙だとか、ダイエットだとかは、それこそ「三日」で飽きてしまったり、あきらめてしまったりするかもしれません。

しかしながら、言語の場合は、毎日必ず続けなくてはいけないものではありません。

ですから少しばかり長い視野で取り組めるといえるでしょう。

 

そうであるならば、最初に取り組む課題に注意を向けすぎるよりも、その後の継続が楽になるような計画を立てるほうが賢明です。

 

3. 狭き門、最終的にはストレスフリーなコミュニケーション

f:id:morris-is-japanese-teacher:20180805195229j:plain

では、具体的に、日本人が中国語を学ぶ上でどこから始めるのが最善でしょうか。

ずばり、ピンインの読み方を完全にマスターすることです。

中国語は漢字ですべての文章を表現していきますが、日本語における漢字の読み方とは全く違います。

例えば、「我」を何と読みますか。

 

「われ」とか「が」と読む日本語とは違い、中国語では、ピンインと呼ばれるアルファベットを使ってwoと読みます。しかも、声調と呼ばれる音程が大事で、「我」の場合は第三声で読みます。

ピンイン、声調

さて、初めて中国語を学習しようと思っている方であれば、この時点で難しい内容ですよね。無理だ、とあきらめますか。

いいえ、あきらめないでください!

逆に言えば、このピンインの知識をしっかり覚えさえすれば、必ず中国語を話せるのです。

ですから、まずは何よりも、ピンインの読み方をすべて正確にマスターすること、ここから中国語は始めましょう。

 

それと同時に、決してやってはいけないことがあります。

「我」=ウォー

上記のように、カタカナ読みを書く行為です。これは絶対にやってはいけません。

最初のうちは、広い門のように誘惑してくるかもしれません。「これを書けば楽になるぞ。あいさつぐらい早く覚えたいだろ」。こんな声が聞こえてくるかもしれません。いや、もしかすると日本の書店では、カタカナが丁寧に振ってある本さえ売っています。

しかし、絶対にカタカナは書かないでください

 

その労力や、早くあいさつを覚えたい衝動を、ピンインを覚えるバネに変えましょう!

中国人の先生をできれば見つけて、見つからなければ発音が上手な日本人を見つけて、ピンインをひたすら覚えましょう。

bo, po, mo, fo, de, te, ne, le, ……

このようにピンインを覚えることだけに最初の1か月を費やせば、後からのあなたの中国語学習には素敵な未来が待っていることでしょう。

その1か月間は「こんにちは」も「ありがとう」も覚えなくて結構です。

漢字がそもそも分かる日本人の場合、中国語学習はピンインこそがすべてと言っても過言ではありません。

ピンインを制する者は中国語を制す。 

最初の一か月は、自分にそう言い聞かせましょう。

とはいえ、一か月もすればピンインを覚えることはできます。その後は何を学習すればいいのでしょう。

 

次回、ピンインを覚えた後の超おすすめ勉強法をシェアしたいと思います!