日本語教師もりす

タイのチェンマイ在住の日本人のブログです。日本語教師をしています。

タートンからバンコクまでのバス(ファーン、チャイプラカーン経由)

皆さまこんにちは。チェンマイ在住の日本語教師もりすです。

今回は、少しマニアックな北タイ情報を書きます。

ファーンやチャイプラカーンからバンコクまで行くために便利な、タートンからバンコクまでのバスについてです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195230j:plain

タートンからバンコクまでのバス(ファーン、チャイプラカーン経由)

北タイに住む日本人がタイから帰国を考える時は、バンコクの空港から日本へ飛ぶ情報を一度は検索するはずです。

チェンライやチェンマイなど大都市に住んでいる方は、飛行機でバンコクまで行くのが簡単で安いと思います。

しかし、田舎に住む北タイ日本人は、チェンマイに出るのも一苦労。

チェンマイで車を長期間どこに置いておこう。

タイに戻った後、チェンマイから車で帰るのしんどいなあ。

いっそ、多少高くてもバンコク経由しないで日本行こうかな。

田舎に住む北タイ日本人はいろいろと、とにかく面倒くさく感じてきます。

そこで一つ、裏技が。

長距離バスです。

タートンからバンコクを結ぶバスがあります。

タイ語でしかありませんが、一応予約サイトのリンクを載せておきます。

www.busticket.in.th

ファーンからバンコクへのバス

例えば、ファーンからバンコクに行こうとする場合、基本的な出発時間は、ファーンのバスターミナルから、16:00、16:30、17:00の選択肢があります。

ファーンのバスターミナルの地図も貼っておきますね。

Google マップ

チャイプラカーンから乗る場合は、ファーンからプラス30分の時間で計算しますと、大体良いと思います。

チャイプラカーンの場合、バス停は以下のリンクの銀行のすぐ近くです。ちょっと歩いてみると、バスの待合みたいな店が見つかります。

Google マップ

チャイプラカーンからバンコクまで、所要およそ14時間です。

長いといえば長い。

もちのろんろん。

でも、寝たりゲームをしたり映画を見たりしていれば、あっという間。

ただし、チャイプラカーンからチェンダオまでは携帯電波なくなりますのでご注意を。「うちの近くが一番田舎なのでは」疑惑がございます。

さて、バスを予約するにあたって、二つの選択肢がございます。

普通バスか、VIPバスか、という選択肢です。

最初の2本は普通バス、3本目はVIPで少しだけ値段が上がります。

どんな違いがあるのでしょうか。

普通とVIP、あなたならどっち?

私は行き帰りで両方体験してみることにしました。

まず行きはVIPです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195330j:plain

幅が広々とした椅子

乗るとすぐに、写真のとおり、機内食と毛布をくれます。

横幅がかなり広いです。

でも……

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195457j:plain

ゆったりとした椅子

足元は惜しい。

足のリクライニングを完全に上げきることはできません。

身長が160センチくらいまでの方は、いいかも。

それ以上の方は、完全に足を伸ばすことはできません。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195651j:plain

途中の食事休憩

しばらく乗ると、途中で食事休憩があります。

なんと、乗車券に一食分含まれており、無料で麺類などの軽食を頂けます。

時間は短めなので、さささと食べましょう。

さてここまでがVIP。

次は普通バスです。

f:id:morris-is-japanese-teacher:20190729195932j:plain

普通バスの車内

他人の椅子を撮影しましたので雑然としてはおりますが。

広さの違いがお分かりになるでしょうか。

幅が違います。

でも、奥行きと言いますか、足元はほとんど変わりません。逆に感覚的には足元は広いかも。

機内食や毛布、途中の食事は同じです。

ずっと座っていると、VIPのお尻のクッション性が少し優れているように感じます。

結論。

違いはそんなにない。

値段は250バーツくらいの違いです。1000円くらいですね。

どっちがおすすめか。

うーん。

どっちでもいいですね。(笑)

優柔不断ですみません。

しかし値段重視なら、普通バスがおすすめということになりますね。

以上、タートンからバンコクまでのバス情報でした。ファーンやチャイプラカーンなど北タイから乗る方はおすすめです。

読んでくださりありがとうございました(^^)/

เพิ่มเพื่อน